マクラーレン、スタッフ14人が2週間の隔離へ。今後の開催スケジュールにも影響?

スタッフの新型コロナウイルス感染が明らかとなったマクラーレンは、さらに14人のメンバーが2週間の隔離措置を受けることを認めた。

マクラーレン、スタッフ14人が2週間の隔離へ。今後の開催スケジュールにも影響?

 チームスタッフの1名が新型コロナウイルスに感染していることが分かったマクラーレンは、このスタッフと濃厚接触していた14名のスタッフが、感染拡大を避けるため2週間の隔離措置を受けると認めた。

 マクラーレンは3月12日(木)の夕方、スタッフのひとりが検査の結果新型コロナウイルスに感染していたと発表。「チームのスタッフとパートナーだけではなく、ライバルチーム、F1ファン、F1の全ての関係者に対する注意義務の一環として」、オーストラリアGPを棄権することを決断した。そしてF1とFIA、そしてチームが話し合った結果、翌13日の朝にオーストラリアGPの開催中止が決定された。

 13日の朝にマクラーレンが発表した情報によると、14人のチームメンバーがメルボルンのホテルで2週間隔離されることになったという。

「現地の保健当局の指示に従い、さらに14人のメンバーがホテルで2週間の隔離を受ける」と、チームは声明で述べた。

「彼らは、検査でコロナウイルス陽性だと診断されたメンバーと、密接に接触していた者たちだ。彼らが隔離されている間、チームの上級スタッフが彼らをサポートする」

「症状が出た他のチームメンバーもすぐに検査を受け、プロトコルに従って自己隔離を行なう」

「隔離を受けないメンバーは、イギリスに戻る前に装備を梱包するため、パドックに戻ることが許されている。イギリス到着後、予防措置としてレースチームのメンバーは、2週間マクラーレン・テクノロジー・センターには戻らない」

 マクラーレン・レーシングCEOであるザク・ブラウンは、ツイッターで次のように述べた。

「私はF1とFIA、AGPC(オーストラリア・グランプリ・コーポレーション)の判断を支持する」

「F1ファミリーと地域コミュニティの健康と安全が最優先されなければいけない」

「今回は、レースに携わる者として最も難しい決断だった。だがCEOとしては、とても簡単な決断だった」

 第2戦バーレーンGPは、3月20〜22日に無観客イベントとして開催されることがすでに決定しているが、隔離措置を受けるマクラーレンのスタッフは当然これに参加することはできない。このことは、今後のレーススケジュールに関して、マクラーレンおよびF1が”決断”をする上で、ひとつの判断材料となってくるだろう。

 
 

Read Also:

 

シェア
コメント
シーズン開幕がさらに遅れるのは避けられないかも……レッドブル代表が語る

前の記事

シーズン開幕がさらに遅れるのは避けられないかも……レッドブル代表が語る

次の記事

F1オーストラリアGPの中止が正式に発表。F1チームスタッフの新型コロナ感染を受け

F1オーストラリアGPの中止が正式に発表。F1チームスタッフの新型コロナ感染を受け
コメントを読み込む