オーストリアFP2:メルセデスがトップで初日終える。ガスリー9番手

シェア
コメント
オーストリアFP2:メルセデスがトップで初日終える。ガスリー9番手
2018/06/29 15:00

オーストリアGPのフリー走行2回目が行われ、ルイス・ハミルトンがトップタイムでセッションを終えた。

 F1第9戦オーストリアGPのフリー走行2回目が行われ、FP1に続いてメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 気温21度、路面温度27度というコンディションでセッションがスタート。このセッションもわずかに雨の降る可能性を残して始まった。

 まずはケビン・マグヌッセン(ハース)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、シャルル・ルクレール(ザウバー)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)らが1分6秒台のタイムを刻むも、フェラーリ勢が開始早々に1分5秒711と1分5秒台のタイムを記録した。フェラーリはセバスチャン・ベッテルがソフトタイヤ、キミ・ライコネンがスーパーソフトタイヤと別々のタイヤを使用していた。

 開始から15分を過ぎた辺りで、ベッテルが1分4秒949と1分4秒台に突入。続いてメルセデス勢も同様のタイムを残し、ソフトタイヤを履くルイス・ハミルトン(メルセデス)が早くもFP1のトップタイムを上回った。

 その直後、ガスリーがセクター3のグラベル上でマシンを止めてしまった。ガスリーはターン9の黄色い縁石でサスペンションを壊してしまった。左フロントのサスペンションが壊れている様子が国際映像でも確認できた。ガスリーのマシンを撤去するためにセッションは一時赤旗中断となったが、数分後には解除された。

 セッションの中盤には各車2セット目のタイヤを投入。FP2開始より30分となる辺りからウルトラソフトタイヤ使用するドライバーが見え始め、ベッテルやロマン・グロージャン(ハース)らがいち早くウルトラソフトでの走行を始めた。その後もコース上のほとんどのマシンがウルトラソフトを履き、アタックを行った後、レースシミュレーションを行っていた。

 序盤に走行を行って以降長らくガレージで作業を行っていたアロンソは、残り時間が30分となった辺りでようやくコースイン。ただ彼も黄色い縁石でパーツを飛ばしてしまうシーンが見られた。またガスリーもマシンの修復を終え、終盤にコースで復帰した。

 残り時間もわずかになると、ウルトラソフトでロングランを行っていたドライバーも違うタイヤを使用し始めた。このセッションでのロングランの最多周回は、ウルトラソフトを履いたブレンドン・ハートレー(トロロッソ)の33周だった。

 結局このセッションでは雨は降らず、ハミルトンがマークした1分4秒815がこのセッションの最速タイムとなった。2番手はボッタスで、メルセデスがワンツー体制を築いてオーストリアGPの初日を終えた。

 3番手はベッテルで、チームメイトのライコネンが6番手。その間にダニエル・リカルド(レッドブル)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が割って入った。

 7番手にはグロージャン、8番手にはマグヌッセンと続きハースが好調ぶりを見せた。9番手は終盤にコース復帰を果たしたガスリーで、チームメイトのハートレーは17番手だった。10番手はバンドーンだったが、最終的に僚友アロンソはタイムを伸ばせす、19番手に終わっている。

【リザルト】F1第9戦オーストリアGP:フリー走行2回目

次の F1 ニュース
【動画】F1第9戦オーストリアGP フリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第9戦オーストリアGP フリー走行1回目ハイライト

次の記事

オーストリアFP2速報:メルセデス再び1ー2。ガスリーはトラブルも9番手

オーストリアFP2速報:メルセデス再び1ー2。ガスリーはトラブルも9番手

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
記事タイプ フリー走行レポート