アロンソ、今季初のQ1敗退も「できることを全てやろうとしていた」

シェア
コメント
アロンソ、今季初のQ1敗退も「できることを全てやろうとしていた」
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
翻訳:: 青山悦子
2018/06/24 4:16

予選Q1敗退を喫したアロンソは、セッション中はできることを全てやろうとしていたと語った。

Fernando Alonso, McLaren MCL33, in the pit lane
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33

 フランスGPの予選で今シーズン初めてQ2進出を逃したマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、予選中はできることを全てやろうとしていたが、困難を抱えていたと明かした。

 先週末のル・マン24時間レースで優勝を収め、今週末のフランスGPを迎えたアロンソだったが、予選ではQ1敗退という結果に終わった。今季アロンソがQ2に進出できなかったのは、これが初めてのことだ。

 アロンソは16番手、チームメイトのストフェル・バンドーンは18番手(ブレンドン・ハートレーのグリッドペナルティにより、スタートは17番手から)と、マクラーレンにとっては今シーズンの最も悪い予選結果となってしまった。

 ル・マンで優勝を飾ってから1週間も経たないうちにQ1敗退を喫したことについて、どのように感じているのかと尋ねると、アロンソは「何も感じていない。普通だ」と答えた。

「僕としては、できることは全てやろうとしていた。僕はGP3とGP2(現在のF2)チャンピオンに(予選では)8対0で勝っている唯一の男だと信じている」

「ここはF1だ。適切なパッケージと、適切なポジションが必要だ」

「この何戦かは僕らにとって良いレースではなかった。だけど最悪の状況の中でも、僕はチャンピオンシップで7位につけている。だから僕たちは正しいことをしなければならない」

 モナコとカナダで2戦続けてリタイアしたアロンソ。彼は、今回のQ1での全ラップが申し分のないものであったと感じていると話した。

「金曜日はいずれのセッションでもOKだった。(Q1での)最後のラップはとても良かったけど、他のチームがどれくらい速いのかわからなかった。今日はいくつか困難を抱えていたんだ」

「4周とも良いラップだったし、チームメイトよりも0.2秒速かった」

 また彼は、もし日曜日に雨が降らなければ、レースでは行列ができるだろうと予想している。日曜日の決勝レースについてどのような予想をしているのかと訊くと、彼は次にように語った。

「この数レースと同じことだ。日曜日はマシンの長い行列ができる」

「ポールポジションを獲るような人たちが最速だろうし、トップでスタートして逃げていくだろう。2番目の人は2番手からスタートし、逃げていく。3番目の人も、3番グリッドからスタートして逃げていくだろう」

「天候が最も重要な役割を果たすだろう。もし今朝(FP3)のように雨が降ったり、状況が変われば、より混乱したレースになるだろう。雨が降らなければ、オーバーテイクをするのはとても難しくなる」

次の F1 ニュース
レッドブル、ダウンフォース削る賭けに出るもいまだストレートで0.7秒ロス

前の記事

レッドブル、ダウンフォース削る賭けに出るもいまだストレートで0.7秒ロス

次の記事

ハートレー「天候が不安定なら、最後尾からでもチャンスがあるかも」

ハートレー「天候が不安定なら、最後尾からでもチャンスがあるかも」

この記事について

シリーズ F1
イベント フランスGP
ロケーション サーキット・ポール・リカール
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース