F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
Race まで
11 時間
:
17
:
03
14 8月
次のセッションまで……
4 days
28 8月
次のセッションまで……
18 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
25 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
32 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
46 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
60 days
23 10月
次のセッションまで……
74 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
82 days

フォッコ、“元同僚”ルクレールとともにフェラーリからF1インシーズンテスト参加へ

シェア
コメント
フォッコ、“元同僚”ルクレールとともにフェラーリからF1インシーズンテスト参加へ
執筆:
2019/05/06 9:24

元FDAのアントニオ・フォッコは、バルセロナで行われるF1インシーズンテストにフェラーリから参加するようだ。

 元FDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の一員で、昨年までF2に参戦していたアントニオ・フォッコは、スペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで行われるF1のインシーズンテストにフェラーリから参加するようだ。

 22歳のイタリア人ドライバーであるフォッコは、F1スペインGPの直後、5月14日(火)から2日間行われるこのテストで、フェラーリSF90をドライブする。マシンをシェアするのは、F2時代の2017年にプレマ・レーシングでチームメイトだったシャルル・ルクレールだ。

 各F1チームは、バーレーンとバルセロナで計4日間行われるインシーズンテストの中で、F1出走3戦未満の若手ドライバーを2日間起用する義務がある。

 フェラーリはバーレーンテストでFDA所属のミック・シューマッハーを起用したが、バルセロナでは彼を招集しなかった。シューマッハーはテストの直前にF2でのレースを控えており、そちらに焦点を当てさせているようだ。

 一方、アルファロメオのシートには同じくFDAのドライバーでF2参戦中のカラム・アイロットが収まることとなっている。

 2017年から2年間F2に参戦し、計3勝を挙げているフォッコは、フェラーリのシミュレータ業務に密接に関わっている。そのため、彼の起用はシミュレータでのデータとコース上でのデータとの相関関係を調査するという点で非常に合理的な選択肢であり、チームの助けとなるだろう。

 フォッコは2015年にレッドブルリンクで、翌年にはバルセロナでインシーズンテストに参加しており、当時のフェラーリの最新マシンをドライブしている。なお現在は、計4ラウンドで争われるイタリアGT選手権のスプリントシリーズに参戦中で、フェラーリ488 GT3をドライブしている。

 なお、フェラーリのシミュレータードライバーはフォッコ以外にブレンドン・ハートレーとパスカル・ウェーレインも務めているが、彼らはF1フル参戦の経験があるため、若手ドライバー起用義務を満たすことができない。

「不振は彼だけの責任ではない」クビサが“休職中”のパディ・ロウを擁護

前の記事

「不振は彼だけの責任ではない」クビサが“休職中”のパディ・ロウを擁護

次の記事

リオデジャネイロでのF1ブラジルGP復活へ? サンパウロは金銭面に難ありか

リオデジャネイロでのF1ブラジルGP復活へ? サンパウロは金銭面に難ありか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アントニオ フォッコ
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Roberto Chinchero