F1 オーストリアGP

アルピーヌF1、チーム内“交戦規定”は効果ナシ? オーストリアでまたも対峙。ガスリー「チームは気に入らないはず」

アルピーヌの2台は、オーストリアGP決勝でもこれまで見られてきたような激しいチーム内バトルを展開した。ピエール・ガスリーは「ピットウォール側は気に入らなかっただろう」とエステバン・オコンの動きを暗に批判した。

Esteban Ocon, Alpine A524, battles with Pierre Gasly, Alpine A524

Esteban Ocon, Alpine A524, battles with Pierre Gasly, Alpine A524

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

 アルピーヌのピエール・ガスリーは、オーストリアGP決勝で繰り広げられた激しいチームメイト同士の争いに関して、僚友エステバン・オコンのディフェンスを批判した。

 バトルが勃発したのはレース中盤。1度目のピットストップを終えたアルピーヌの2台は、直近のライバルであるハースのニコ・ヒュルケンベルグやケビン・マグヌッセン、RBのダニエル・リカルドを追いかけるため、早めのピット戦略でポジションを上げていたアストンマーティンのフェルナンド・アロンソをオーバーテイクしようとしていた。

 ただオコンはアロンソをなかなか料理できず。しびれを切らしたガスリーが、オコン諸共2台を抜き去ろうと攻め立てた。

 オコンは35周目のターン1でようやくアロンソのオーバーテイクを完了し、ターン2でガスリーもそれに続いた。ただガスリーは勢いそのまま、ターン3でオコンをアウト側から大外刈りしようと試みた。しかし2台は接触寸前……ガスリーはランオフエリアへ飛び出してオコンの後ろでコースへ戻った。

 これでアルピーヌ内でのバトルは仕切り直しに。ガスリーが41周目に再び仕掛け、ターン3からターン6まで続くサイドバイサイドのバトルを制し、10位入賞につなげた。

「あれは……激しかったよ。やり過ぎだったと言う人もいるだろうね」とガスリーは語った。

「ピットウォール側は、僕に全く行き場がなくてワイドに走らざるを得なかったということが、本当に気に入らなかったはずだ」

「決して簡単にはいかないよね? だから結局のところ、彼を抜くために他のやり方を見つける必要があった。それで僕は抜いたんだ」

「でもチームメイトとは、もう少しスペースがあると思っていたよ」

 オコンとの交戦規定はどうなっているのかと尋ねられたガスリーは次のように答えた。

「レース前にできるだけ明確にしておいたと思うけど、僕がコントロールできるのは自分のマシンだけだ。彼のマシンはコントロールできないよ。仕方ないことだ」

 そしてガスリーはこう続けた。

「これは僕らの間で話し合う必要がある。でも、既に話し合ったことだし、他に何ができることがないか考えてみるよ」

Nico Hulkenberg, Haas VF-24, Kevin Magnussen, Haas VF-24, Pierre Gasly, Alpine A524, Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

Nico Hulkenberg, Haas VF-24, Kevin Magnussen, Haas VF-24, Pierre Gasly, Alpine A524, Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

写真: Andy Hone / Motorsport Images

 ただガスリーとしてはこれで4戦連続入賞。オコンとのチーム内争いを除けば、満足できる結果だったとレースを振り返った。

「あれを除けば、良いレースだったと思う」とガスリーは言う。

「1周目はとても力強かった。スタートはあまり良くなかったから、見直してみる。でもその後は、レース全体を通してタイヤをマネジメントして、ミディアムでフィニッシュすることができた」

「最後はタイヤがかなり消耗しているように感じた。ダニエルに近づいて抜こうとしたけど、残念ながら(リカルドも)マグヌッセンのDRS圏内に入ってしまい、僕は仕掛けることができなかった」

「でもポジティブに考えれば、4戦連続でポイント圏内に入っている。モナコ、カナダ、バルセロナ、そしてここ……全く異なるサーキットだけど、僕らは一貫性を見つけることができたみたいだ。これは重要なことだ」

「僕らはこの勢いを維持しなければならない。今年の後半にはいくつかアップデートが控えている。だから、少しずつ前進することを嬉しく思っているよ」

 

前の記事 セルジオ・ペレス、オーストリアGP苦戦の要因のひとつは、1周目に負ったダメージ「マシンがどうにもならなかった」
次の記事 F1分析|角田裕毅の”第1スティント引っ張る作戦”は失敗だった? タイヤ交換のタイミング遅らせたメリットを活かせず

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本