F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

ここからは3歩ずつ前進を! 6位入賞+FLのガスリー、フィーリングに改善の兆しか

シェア
コメント
ここからは3歩ずつ前進を! 6位入賞+FLのガスリー、フィーリングに改善の兆しか
2019/04/15 3:58

中国GPでファステストラップポイントを獲得したピエール・ガスリーは、マシンのフィーリングがレースごとに向上していることに安心している。

 ピエール・ガスリー(レッドブル)は、第3戦中国GPの決勝で6位入賞を果たした。

 レッドブル昇格1年目のシーズンを迎えたガスリーだが、開幕戦では予選Q1敗退を喫し決勝では11位、第2戦のバーレーンでは13番グリッドから8位フィニッシュに終わるなど、苦戦していた。

 しかし、迎えた中国では予選で6番手を獲得し、決勝もそのままの順位でフィニッシュした。終盤には7位以下と十分なギャップがあったため、ピットインしソフトタイヤに交換。ファステストラップも記録し、追加の1ポイントを持ち帰ることにも成功した。依然チームメイトのマックス・フェルスタッペンとは差があるものの、少なくとも中団に埋もれるレースからは脱却した形となった。

 ガスリーはホンダの公式リリースに次のように語った。

「F1で自身初のファステストラップを記録できて嬉しいです」

「レース終盤で後方のマシンと大きな差があったので、ピットストップを行いファステストラップを狙うことにしましたが、うまくいきました」

「ポイント圏内でフィニッシュし、ファステストラップというエクストラポイントまで獲得できて嬉しいです」

 またガスリーはここまでマシンのフィーリングに苦しんでいたが、それも少しずつ改善してきているという。

「レース中はリズムを保ち、タイヤの消耗に気を付けるとともに、マシンフィーリングの向上に努めました」

「レースごとに1歩ずつ向上ができて安心していますが、一度に3歩ずつ向上できるよう、さらに頑張ります。次戦に向けてやるべきことはまだ多いですが、やるべきことは分かっています」

「今夜ファクトリーに向かい、明日と明後日はシミュレーターで次戦に向けた準備を進めます」

次の記事
逆境跳ね返し10位入賞のアルボン「土曜の僕は“ワーストドライバー・オブ・ザ・デイ”」

前の記事

逆境跳ね返し10位入賞のアルボン「土曜の僕は“ワーストドライバー・オブ・ザ・デイ”」

次の記事

クビサをもってしてもお手上げ? ウイリアムズのマシンは「レースペースがない」

クビサをもってしてもお手上げ? ウイリアムズのマシンは「レースペースがない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
ドライバー ピエール ガスリー