F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
09 時間
:
47
:
35
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

”幻の最終ラップ”に接触クラッシュのペレス、「馬鹿げた動き」とガスリーを批判

シェア
コメント
”幻の最終ラップ”に接触クラッシュのペレス、「馬鹿げた動き」とガスリーを批判
執筆:
協力: Ben Anderson
2019/10/13 23:13

F1日本GP終盤にセルジオ・ペレスと接触したピエール・ガスリーは、ペナルティなどは科されないことが決まった。

 F1第17戦日本GPの最終ラップ、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)はターン2でピエール・ガスリー(トロロッソ)をオーバーテイクしようとしたが、両者接触。ペレスはスピンを喫し、アウト側のバリアにクラッシュしてしまう。ポイント圏内を走っていただけに悔しい結果となった。

 しかし後に事態は急展開。システム上で1周早くチェッカーフラッグが表示されるというミスが有り、52周目の通過順位が正式なリザルトとなった。そのため、ペレスはクラッシュしたにも関わらず、9位入賞という結果を残すことになった。

 スチュワードはペレスとガスリーの接触について、完全に責任のあるドライバーはいないと裁定を下し、”罰則なし”と判断した。

 スチュワードの下した裁定には次のように記されている。

「両ドライバーが接触に寄与している。カーナンバー11(ペレス)はわずかに前におり、ターン2のエイペックスに向かって狭いラインをとった。一方でトラックのイン側に位置するカーナンバー10(ガスリー)はカーナンバー11から完全には見えなかった可能性が高く、エイペックスの先で衝突を避けることのできるラインをとっていなかった」

 チェッカーフラッグのミスが判明する前、ペレスは「頑張りを台無しにされた」と、ガスリーを強く非難した。

「不必要な接触だったと思う。僕は(ガスリーの)前にいて、彼に十分な空間を与えていた。たとえ彼が十分に見えなかったとしてもだ。僕はかなり前にいたし、新しいタイヤを履いてた。レースの最終週だったんだ。彼のやったことは、全く馬鹿げた動きだよ」

「そして彼は接触した後も逃げ切った。彼はとてもラッキーだと思うよ。でも彼もレースを台無しにして、ポイントも失っていたかもしれないんだ」

「ポジションを失うことを受け入れるべき所だった。あの動きは、(ダニエル)リカルドがレース中に2度僕へ向けてやってきた。それが続いていたなら同じような事故に遭っていただろう」

 最終的に8位でフィニッシュを果たしたガスリー。彼はペレスに批判の矛先は向けず、まずは何が起こったかを確認したいと話した。

「まず最初に、誰かを批判する前に僕が何か違う事ができたのか、それとも彼が何か違う事ができたかどうかを見たい」

「僕には彼がそこにいるのが見えて、もう少しスペースがあると予想していた。でもさっき言ったように彼のせいにはしたくない。第一にその場面の映像を見て、様々なことを吟味したいだけだ」

Read Also:

次の記事
ルノーに技術規定違反の疑い。レーシングポイントの抗議でFIAが徹底調査へ

前の記事

ルノーに技術規定違反の疑い。レーシングポイントの抗議でFIAが徹底調査へ

次の記事

フェルスタッペン、ルクレールとの衝突で“25%”のダウンフォース失う

フェルスタッペン、ルクレールとの衝突で“25%”のダウンフォース失う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
サブイベント Race
ドライバー ピエール ガスリー , セルジオ ペレス 発売中
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中 , Racing Point
執筆者 Valentin Khorounzhiy