F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
65 days
23 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
87 days

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る

シェア
コメント
ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る
執筆:
協力: Oleg Karpov
2020/01/20 7:29

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダから2020年のF1に参戦するピエール・ガスリーは、最高と最低の瞬間を経験した2019年シーズンは、ハリウッド映画のようだったと語った。

 昨シーズンまでのトロロッソは、2020年シーズンからアルファタウリとしてF1を戦うことになる。そのアルファタウリのドライバーであるピエール・ガスリーは、2019年シーズンは様々なことを経験したため、ハリウッド映画に出演しているようだったと語る。

 ブラジルGPを2位でフィニッシュし、F1での自身初表彰台を手にしたガスリー。しかしその一方で、彼は厳しい瞬間をいくつも経験した。シーズン中盤にはレッドブルから更迭され、さらにベルギーGPでは親友であるF2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが亡くなるという事故も起きた。

 昨シーズンを振り返ったガスリーは、時々現実とは思えないという感覚を感じていたと語る。

「まるでハリウッド映画のようだった」

 ガスリーはそうmotorsport.comに対して語った。

「本当のことだと思えなかった時もあった。起きたすべてのこともそうだし、シーズンをどうやって始めたのか、いつ始まったのか、そして最初の6ヵ月に起きたこと……そういうモノについてね」

「そしてチームが変わり、トロロッソに戻った時も、本当のことのように感じられなかった。『そんなこと有り得ない。現実的じゃない』と思う瞬間が、1年の間にたくさんあったんだ」

 ガスリーにとって最悪の瞬間は、前述の通りベルギーGPで親友ユベールを失った時だっただろう。しかもガスリーは、トロロッソに降格させられた直後だった。

「ジェットコースターのような1年だった」

 そうガスリーは説明する。

「あらゆる種類の感情を経験した。最も悲しい瞬間はスパだった。アントワーヌが亡くなってしまったからだ。しかも、僕はトロロッソに戻されたところだった」

「でもその後で、ブラジルのようなレースもあった。それは僕のキャリアの中でも、おそらく最高の瞬間だったと思う」

「1年を通じて、多くの感情の浮き沈みがあった。これらの様々な感情、様々異なる時間を経験しながらも、僕は仕事を続け、プッシュし続けた。それは素晴らしかったと思う。僕は『プッシュし続ければ、ある時点で物事は正しい形に落ち着くだろう』と分かっていた」

 ブラジルで表彰台を獲得したことにより、ガスリーのF1で戦う”能力”についての疑問は払拭された。しかしガスリー本人は、ブラジルでの結果があったとしても、実際にはあまり変わらなかったと語る。

「良い成果を挙げるのは良いことだ。だからその(ブラジルGPでの)結果は良かったと思う」

 そうガスリーは語る。

「トロロッソに戻った後、表彰台をひとつ獲得しても、それがひとつ減ったとしても、それによって僕が変わることはない」

「僕は以前と同じだ。同じように仕事を続けているし、物事に対するアプローチも変わっていない。でも難しい時期を過ごした後であっても、目指すパフォーマンスレベルに達するまで、僕は常に働き続ける」

Read Also:

ウイリアムズ、ティクトゥムの貢献に期待「素晴らしい才能を活用できる」

前の記事

ウイリアムズ、ティクトゥムの貢献に期待「素晴らしい才能を活用できる」

次の記事

岩佐歩夢、SRSスカラシップ獲得すぐ海外へ……中野信治「1秒でも早く行くべき」

岩佐歩夢、SRSスカラシップ獲得すぐ海外へ……中野信治「1秒でも早く行くべき」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble