F1
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
イベント 進行中 . . .
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
31 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
38 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
52 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
66 days

低迷するガスリー、コンスト争いの“障害“に? レッドブル代表が不満を漏らす

シェア
コメント
低迷するガスリー、コンスト争いの“障害“に? レッドブル代表が不満を漏らす
執筆:
2019/08/07 5:28

レッドブルのチーム代表は、ピエール・ガスリーの成績低迷がいまやチームのコンストラクターズランキング2位という野望を傷つけ始めていると認めた。

 F1第12戦ハンガリーGPは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが初のポールポジションを獲得。レースではルイス・ハミルトン(メルセデス)との先頭争いには敗れたものの、2位を獲得した。

 その一方で、フェルスタッペンのチームメイトであるピエール・ガスリーは、マクラーレンのカルロス・サインツJr.の後ろとなる6位でレースを終えた。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、自身のチームのマシンは中団争いに巻き込まれるものではないとして、ガスリーが示すパフォーマンスに落胆の色を隠さなかった。

「フラストレーションの溜まる週末だった」と、ホーナーは言う。

「(ガスリーの)スタートと1周目は素晴らしいと言えるものではなかった。そして我々はザウバー(※アルファロメオ)やマクラーレンとレースをするべきではないんだ」

「我々は彼にフェラーリ、そしてメルセデスと争ってもらう必要があるんだ。我々は彼に対して可能な手助けは全て行っているし、この先もそうするだろう」

 ハンガリーGPのレースでは、ガスリーは先頭集団に近づくことができなかった。もしガスリーが上位にいた場合、ハミルトンの“ギャンブル”的戦略を阻止することができたかもしれない。

Read Also:

 ただ、ホーナーはフェラーリからコンストラクターズランキング2位を奪うためにも、ガスリーの“上昇”が必要だと考えているようだ。

「問題は彼がまったく先頭集団に加わることができていないことだ」とホーナーは語った。

「(2度目のピットストップで)ルイスが彼の後ろに出ていれば……といったものではない。メルセデスも我々も、1台ずつで争っていて、チームメイト(ガスリー&バルテリ・ボッタス)は蚊帳の外だった」

「先頭集団で2台のマシンが走れないことは、特にコンストラクターズランキングに損害を与えている。我々は今回のレースで、フェラーリと同じだけのポイントを稼いたが、もっと多くのポイントを得るべきだった」

 ホーナーはガスリーに対し、今シーズンの苦戦から立ち直るためにサマーブレイクを利用してほしいと語った。

「彼はサマーブレイクの間に前半戦を振り返る時間をとって、そして後半戦に向けて準備を進めるべきだ」

「彼がより前方を走り、我々がフェラーリを捕まえるチャンスがあるかどうかは極めて重要なことなんだ」

 レッドブルは今でもガスリーが期待に応えることを望んでいる。その一方で、コンストラクターズランキング2位を目指すためにも、彼の低迷に我慢ができなくなる可能性もホーナーは示唆した。

 ガスリーが改善できなかった場合、レッドブルはどの時点で、どんな選択を取るのかを尋ねると、ホーナーはこう答えた。

「我々は彼を今季の終わりまで残すつもりだ。だが我々は、彼がマシンポテンシャルを発揮するところを目の当たりにする必要がある」

Read Also:

次の記事
フェラーリは“何としても”勝つ必要がある……黄金期築いたロス・ブラウンが苦言

前の記事

フェラーリは“何としても”勝つ必要がある……黄金期築いたロス・ブラウンが苦言

次の記事

あれで警告だけ? リカルド、危険な進路変更をしたマグヌッセンへ“処罰”求める

あれで警告だけ? リカルド、危険な進路変更をしたマグヌッセンへ“処罰”求める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第12戦ハンガリーGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble