ガスリー、2022年用マシンの”視界の問題”を指摘「コーナリング時のマシンの位置取りが困難になる」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、テクニカル・レギュレーションが刷新される2022年用マシンの開発をシミュレーターで行なう中で、視界に問題が発生する可能性があることを見つけたという。

ガスリー、2022年用マシンの”視界の問題”を指摘「コーナリング時のマシンの位置取りが困難になる」

 F1は2022年に、大きく変更を加えたテクニカル・レギュレーションを導入する。各F1チーム、各ドライバーは既に来季用マシンの開発に勤しんでいる中、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)はシミュレーターで、視界に問題が発生する可能性を見つけたと明かした。

 ガスリーによると、フロントタイヤから発生する後方乱気流を抑えるためにフロントタイヤ上部に装着される新しいオーバーホイールウイングレットが前方視界の一部を遮り、コーナー進入時の正確なマシン位置取りを難しくしているという。

 また、フロントホイールカバーはドライバーがフロントタイヤをロックアップしたことを認識することも困難にする可能性があるという。

「主に視界の点では、大きなタイヤに僕の好きじゃないフロントホイールカバー付いており、かなり違ったモノになるね」

「僕らはそれ(ウイングレット)に慣れるしかないね。でもシャシーとウィッシュボーンの間、シャシーとタイヤの間の空間を遮ってしまうんだ」

「特にコーナーに入る時、マシンの位置取りを見極めるための視界が失われた。だからこれまでとは違った基準で判断しなきゃいけないね」

「少しの違いはあるが、これは誰にとっても同じことが言える。視界の悪化は良いとは言い難いけど、乗りこなせるはずさ」

 また、オーバーホイールウイングレットの導入によりフロントタイヤの状態を把握することが難しくなるのではとの質問に対し、ガスリーはこう答えた。

「多分、ロックアップとかかな。完全にタイヤが見えている時は、ロックした瞬間にタイヤがゆっくり回転しているのが見えるんだ」

「今やその上部が覆われてしまっている。だから少し難しくなるかもね」

 ガスリーは、来季のプレシーズンテストが開始されるまで、ライバルとの相対的な位置関係を判断することはできないものの、チームの2022年用マシン開発は順調に進んでいるという。

「このタイトなF1カレンダーの中でも、かなりの進化を遂げているよ」と彼は語る。

「2週間、3週間空けてシミュレーターに乗ると、既にマシンにはかなりの変更が加えられている」

「全体的に、僕らがやっていることには満足している。ただ、僕らには比較対象がいない。だから、他のライバルが何を見つけたかは、開発の視点からしか分からない」

「僕らが改善できていることは分かっているが、僕らが遅れを取っているのか、それとも同じレベルなのかは、バルセロナ(でのプレシーズンテスト)に行ってみないと分からない。でも確かな変化は感じている」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
ついに見つけたフェルスタッペンの“僚友”……レッドブル・ホンダ代表、ペレスは「夏休み明けからマシンに対して自信をつけた」
前の記事

ついに見つけたフェルスタッペンの“僚友”……レッドブル・ホンダ代表、ペレスは「夏休み明けからマシンに対して自信をつけた」

次の記事

メキシコGP、勝利を分けたターン1。メルセデス「信じられないほど早く3ワイドになってしまった」

メキシコGP、勝利を分けたターン1。メルセデス「信じられないほど早く3ワイドになってしまった」
コメントを読み込む