F1 スペインGP

アルピーヌのガスリー、予選での快走は不思議と明かす。なお“いわく付き”同僚オコンとスタート横並びも「僕はいつだってクリーン」

アルピーヌはスペインGPの予選で2台揃ってQ3進出を果たしたが、ピエール・ガスリー曰く、チームは今回の好走を予想していなかったという。

Pierre Gasly, Alpine A524

Pierre Gasly, Alpine A524

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

 カタルニア・サーキットを舞台に開催されているF1第10戦スペインGP。今季はここまで苦しい戦いを強いられてきたアルピーヌだが、今回は予選でピエール・ガスリーとエステバン・オコンのふたりがQ3に進出した。

 ただ、チームは今回の好走を予想していなかったとガスリーは明かした。

 アルピーヌは2024年シーズンに、全面的な刷新を受けたA524を投入したが、開幕戦からパフォーマンス不足が露呈。入賞争いに絡めないレースが続いた。

 直近のカナダGPでは難しいコンディションを味方にダブル入賞を手にしたアルピーヌだが、そこまでの合計獲得ポイント数は5点。予選Q3進出もモナコGPでガスリーが記録した1回のみという結果だった。

 しかしスペインGPでアルピーヌ勢は初日から好調さを見せると、予選でもその勢いを維持。2台がQ3進出を果たし、ガスリーが7番手、オコンが8番手と入賞圏内から決勝スタートを迎えることとなった。

「誰もこんなことになるなんて予想していなかったと思う」

 ガスリーは予選後にそう振り返った。

「(TVクルー)にはいつも言っていることだけど、予想以下のパフォーマンスよりも予想以上のパフォーマンスの理由を説明する方が良いんだ。でも、その答えを見つけることが、僕らにとっても重要なことだ。ここに来て、Q3に進出できるマシンを手にできるとは思っていなかったからね」

「初日からパフォーマンスがあったし、予選日もとてもクリーンなセッションだった。そしてギャップを見ると、ルイスやカルロスから0.15秒しか離れていない。フェラーリは少し前のレースで勝つことができたチームだ」

「だから、かなり不思議だと言える。でも僕らはそれを受け入れる。良い予選だったし、チームとしてもモチベーションが上がったと思う」

Pierre Gasly, Alpine F1 Team

Pierre Gasly, Alpine F1 Team

写真: Simon Galloway / Motorsport Images

 また、カタルニア・サーキットがアルピーヌのマシンに合っているのではないかという質問に対して、ガスリーは「今のところは……ない。あると良いけどね!」と答えて次のように続けた。

「でも、僕はマシンで感じたことしか言うことができない。マシンの中で感じていることは、僕らがこれまで経験してきたこととかなり似ているけど、僕らにはもっとポテンシャルがあるように思える。データ上では興味深いことがいくつか見られるけど、もっと掘り下げる必要がある」

 なお、決勝レースでガスリーはチームメイトのオコンと同じ4列目からスタートする。

 ただ今季のモナコGPでは決勝スタート直後に、オコンが先行するガスリーにオーバーテイクを仕掛けた上に接触。結果的にガスリーがポイントを獲得したものの、そのチャンスを潰しかねない行為だったとして、チーム内外からオコンに対して批判が向けられた。

 ガスリーはスペインGP決勝に向け、常にクリーンなレースを心がけてきたとして、「僕らはそうしなきゃいけない。僕の方はいつもそうだけど、疑問点はないよ」と語った。

 そしてモナコGPでの一件もあり、チーム内では話し合いが行なわれるとガスリーは示唆した。

「最近の出来事を踏まえれば、そうすべきだと思う。チームとしては普通のことだろうけど、僕はプロとして自分が何をすべきか分かっているし、常にクリーンな状態を保っているんだ」

 

前の記事 苦境が続いていたセルジオ・ペレス、トンネルの出口が見えた? スペインGP予選パフォーマンスは妥協「決勝向きのマシンにできればと思っていた」
次の記事 ウイリアムズのアルボン、規定数以上のPUコンポーネント投入でF1スペインGP決勝はピットレーンスタートに

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本