アルファタウリ・ホンダのガスリー、マクラーレン&フェラーリと戦えたのは「これまでとは違う興奮」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2021年シーズンにマクラーレンやフェラーリと数多く戦うことができたことで、これまでとは異なる種類の興奮を感じたと語った。

アルファタウリ・ホンダのガスリー、マクラーレン&フェラーリと戦えたのは「これまでとは違う興奮」
Listen to this article

 アルファタウリ・ホンダのドライバーとして2021年シーズンを戦ったピエール・ガスリーは、合計110ポイントを獲得。自身最高のポイントを手にし、ドライバーズランキングでは9位となった。

 2020年イタリアGPのような優勝こそ手にできなかったものの、アゼルバイジャンGPでは3位表彰台を獲得。リタイア4回、入賞圏外3回はあったものの、15戦で入賞を果たす安定ぶりを見せた。しかも予選ではQ3の常連となり、カタールGPではフロントロウからスタートした。

「これまでトロロッソ時代も含め、アルファタウリで過ごしてきた全ての年を見ると、チームとして成し遂げたことは素晴らしいことだ」

 ガスリーは2021年シーズンについてそう語った。

「僕はチームメンバーのことを、とても誇りに思っている。また、来年も同じようなことが成し遂げられることを期待している。チームは今年、とても高いレベルでのパフォーマンスを発揮できると証明したからね」

 ガスリーは、自身最多のポイントを獲得したものの、「勝利した時の気分に勝るモノはない」とベストシーズンは2020年だと考えている様子。しかしながらも、フェラーリやマクラーレンと時には対等に戦えたことは、大いに励みになると語った。

「シーズン全体の22レース全てを楽しんだと言わざるを得ない」

 そうガスリーは語った。

「ポイントを争うためにレースウイークエンドに挑むと、フェラーリやマクラーレンと戦うことになる。これは全く別の種類の興奮なんだ」

「僕は1年中、それを楽しんだと言わなければいけない。そして、来年もそうなることを本当に望んでいる」

 アルファタウリは2021年シーズン、アルピーヌとランキング5位を争った。しかし終盤戦ではアルピーヌが一気にパフォーマンスを上げ、最終的にはアルピーヌ5位、アルファタウリ6位となった。しかもアルピーヌには、フェルナンド・アロンソのカタールでの3位表彰台、そしてエステバン・オコンのハンガリーGPでの優勝があり、これがシーズンの成績を大いに後押しした。

 ガスリーは「最高の結果と最悪の結果を取り除けないのは残念」と冗談めかして語ったものの、それでもアルピーヌは「良い仕事をした」と称賛した。

「僕らは今季、非常にうまく戦ったと信じている。ランキング5位で終われたはずだけど、そうはならなかった」

 そうガスリーは語った。

「それでも、僕はチームが成し遂げたことをとても誇りに思っている。110ポイントを獲得するなんて、アルファタウリでそうそう起こることではない。今シーズンはとても楽しかった」

「来年が大きく変わる可能性があることは分かっている。同じかもしれないし、もっと良くなるかもしれないし、あるいは悪くなる可能性だってある。でも結局のところ、来年に期待を抱くことができるという意味では、チームの良いパフォーマンスを見ることができて、満足だ」

 
Read Also:

シェア
コメント
ホンダF1山本雅史マネージングディレクター、大きなプレッシャーがかかるF1の仕事は「楽しめた」
前の記事

ホンダF1山本雅史マネージングディレクター、大きなプレッシャーがかかるF1の仕事は「楽しめた」

次の記事

2021年motorsport.com日本版 『読み忘れ厳禁』珠玉の特集記事15選!

2021年motorsport.com日本版 『読み忘れ厳禁』珠玉の特集記事15選!
コメントを読み込む