F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

RB15の“一貫性の無さ”に手こずるガスリー。チームには改善の“アイデア”あり?

シェア
コメント
RB15の“一貫性の無さ”に手こずるガスリー。チームには改善の“アイデア”あり?
執筆:
2019/06/28 3:16

苦戦が続くピエール・ガスリー。ガスリーはチームにはその理由についていくつかの“考え”があると主張しており、自身のシートについては心配していないとも話している。

 今シーズン、トロロッソからレッドブルへ昇格したピエール・ガスリーだが、ここまでチームメイトのマックス・フェルスタッペンのペースに匹敵するパフォーマンスを発揮できておらず、厳しい時間が続いている。

 そしてそうした苦戦により、早々にシートを失うことになってしまうのではないかなど、彼の今後のキャリアに関する様々な憶測を引き起こしてしまっている。

Read Also:

 レッドブルは今のところ、そうした噂を否定。また、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ガスリーが苦戦した前戦フランスGPの後に、その苦戦を説明できる原因があるかどうかを確かめるために、マシンを完全に分解し確認するだろうと、自身の考えを述べていた。

 motorsport.comがガスリーに対しチームは何かを見つけたのかを聞くと、彼は「僕らには考えがある。今週末に向けては大丈夫だと思うよ」と話した。

「全ての詳細を説明するつもりはない。ただ、僕らはポテンシャルを完全に引き出すように開発を続けて取り組んでいる。それが今週末に僕らが取り組むことであり、毎週末のことでもあるんだ」

 これまでの苦戦や、メディアによる彼の将来についての憶測があるにもかかわらず、ガスリー自身はシートが脅かされるとは考えていないと語る。

「いいや、そんな事はない」

「現時点で、誰も満足していないだろうことは明らかだと思う。そして僕自身が(自分の)パフォーマンスに満足していないんだ。僕らが持っているポテンシャルを示すところからは程遠いと感じている」

「愉快なことではないし、それについては誰も満足していない。だから今、僕はただ全てをひとつにして集中しようとしているんだ。それは僕の側も同じだ」

「僕にはもっと上手くできることがあるし、僕らは全てをより上手くできるはずだ。だけど、明らかにそのポテンシャルを示しきれていない。だから今は、それが僕らが集中すべき主なことなんだ」

 ガスリーは、自身の最も大きな問題は一貫性の欠如だと説明しており、それが彼の進捗を妨げていたという。

「僕が思うに、今は少し一貫性が無い」

「どこかのセッションでは僕らは速くて、別のどこかではそうではない。だから一貫性を見つけること、コンスタントなベースを見つけることが主な問題なんだ」

「クルマの事を考えると、時には僕らは速く、その速さを使いこなすことができている。ただ他のクルマとは違った理由で、一貫性が無い。僕はベースを構築して、毎週末何が機能していて、何が機能していないのかということ(の理由)を見つけることが本当に重要なんだと思っている」

「今は、それを見つけ出すのに苦戦しているんだ」

次の記事
クビアトの”再昇格”はある? トロロッソ代表「レッドブルの面目は潰れない」

前の記事

クビアトの”再昇格”はある? トロロッソ代表「レッドブルの面目は潰れない」

次の記事

F1のトップは“中立”の人間であるべき……ハミルトンが言及

F1のトップは“中立”の人間であるべき……ハミルトンが言及
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble