F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

これ以上の問題発生を回避するため……ガスリー、パワーユニット交換へ

シェア
コメント
これ以上の問題発生を回避するため……ガスリー、パワーユニット交換へ
執筆:
, Grand prix editor
協力: Oleg Karpov
2020/07/18 23:35

ホンダは、アルファタウリのピエール・ガスリーのマシンに、F1ハンガリーGPの予選で繰り返し問題が発生したことを受け、パワーユニットを交換することを決断した。

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、ハンガリーGPの予選でQ3進出を果たした。しかしトラブルが発生し、Q3には出走せず。日曜日の決勝レースを、10番グリッドからスタートすることになっている。

Read Also:

 ガスリーは予選Q2で、エンジンのパワーが失われたと報告した。しかしチームは「このセッションでは問題を解決できない。だからその問題を抱えた状態で走らなければいけない。全力で攻めなきゃいけないんだ」と、問題を抱えたままの走行を指示していた。

 ガスリーは前述の通りQ3進出を果たしたが、Q2最後の走行を行なえなかったばかりか、Q3でも走行できなかった。

 この状況を受けてホンダは、さらなるリスクを回避するために、ガスリーのマシンのパワーユニットを完全に交換することを明らかにした。ガスリーがパワーユニットのコンポーネントを交換するのは今回が初めてということになるため、ペナルティを受けることはない。

「Q1の最後か、Q2の最初の段階で、僕らはパワーを失い始めた」

 ガスリーは今回の予選で見舞われた問題について、motorsport.comに対してそう語った。

「最初はアウトラップでのみ、それが起きた。バッテリーを充電していただけだったんだ。僕はフルスロットルにしようとしていたが、こういった大きなパワーロスが起きるだけだった。だから、ギヤを同期させ、タイヤを適切に暖めることができなかったんだ」

「僕の最速ラップでは、最後のメインストレートで、(エンジンが)シャットダウンしてしまうような感じだった。それで、僕はタイムを少し失ったと思う。そのアタックの残りの部分は、大丈夫だった」

「2番目のアタックでは、十分に速くは走れなかった」

「このタイムラグとパワーカットの問題は、どんどん悪化していった。だからアタックを開始した時、パワーがもう残っていなかったので、セッションを中止するしかなかった」

 Q3でアタックできなかったことを嘆くガスリーだが、レッドブルの1台やルノー勢を上回れたことに驚いたと語る。

「もしQ3を走ることができたとしても、僕にできることはこれ以上なかったと思う」

 そうガスリーは語った。

「現時点では、2台のルノーと1台のレッドブルが後ろにいることに、驚いている。マクラーレンは速すぎたから、この結果は僕らにとっての最大限のモノだった。フェラーリとレーシングポイントは、元々僕らの前にいたはずだ」

「レースでは、ルノーに対して少し厳しいこともわかっている。特に、ここブダぺストでは、グリッド位置がすごく重要なんだ」

「このポジションから、明日いくつかのポイントを手にできることを願っている。しかし現時点では、ルノーの方が少し速く、トップ10からは僅かに遅れているんだ」

Read Also:

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGP予選ハイライト

前の記事

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGP予選ハイライト

次の記事

優勝候補一転、予選で大苦戦……フェルスタッペン「何かが完全には機能していない」

優勝候補一転、予選で大苦戦……フェルスタッペン「何かが完全には機能していない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Luke Smith