ガスリー、”アイルトン・セナ”トリビュートのヘルメットをイモラに向け用意

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、今週末のエミリア・ロマーニャGPで、アイルトン・セナをトリビュートしたヘルメットを使うことを発表した。

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri
1/4

写真:: Pierre Gasly

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri
2/4

写真:: Pierre Gasly

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri
3/4

写真:: Pierre Gasly

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri

Helmet of Pierre Gasly, Alpha Tauri
4/4

写真:: Pierre Gasly

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、イモラ(エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ・サーキット)で開催されるエミリア・ロマーニャGPに向け、特別ヘルメットを用意。このヘルメットは、1994年に同地で開催されたサンマリノGPの際に命を落とした、アイルトン・セナをトリビュートするデザインになっている。

 今シーズンは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開催スケジュールが大幅に変更。その一貫として、イモラでF1が開催されることになった。ここでのF1開催は、2006年以来のこととなる。そしてこのイモラは、1994年にセナが事故死した場所としても知られている。

 ガスリーは自身のツイッターで、今週末に使うヘルメットは、「アイルトンへのオマージュだ」と語った。

「この特別なヘルメットで、僕のアイドルのひとりを思い出そうとしている。伝説は、決して忘れられることはない」

 今季イタリアGPで勝利を収めるなど、目覚ましい活躍を見せるガスリー。そのため来季は、レッドブルに”再昇格”するのではないかという見方も強かった。しかしこのグランプリの直前、来季もアルファタウリで走ることが発表。レッドブルから戻った後、同チームでフルシーズン2年目を過ごすことになった。

Read Also:

シェア
コメント
ガスリー、アルファタウリ残留には前向きも、レッドブルの候補に挙がらず「驚いた」

前の記事

ガスリー、アルファタウリ残留には前向きも、レッドブルの候補に挙がらず「驚いた」

次の記事

サインツJr.、トラックリミット問題に持論「多くのサーキットが間違った方向に進んだ結果」

サインツJr.、トラックリミット問題に持論「多くのサーキットが間違った方向に進んだ結果」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリアロマーニャGP
ドライバー ピエール ガスリー
執筆者 Alex Kalinauckas