F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

自分に腹が立つ……予選9番手のガスリー、Q3でのミスに失望

シェア
コメント
自分に腹が立つ……予選9番手のガスリー、Q3でのミスに失望
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/06/30 3:12

レッドブルのピエール・ガスリーは、オーストリアGP予選Q3でミスを犯したことにがっかりし、自分自身に腹を立てていると語った。

 ピエール・ガスリー(レッドブル)は母国フランスGPで10位に終わった後、迎えた第9戦オーストリアGPでは比較的強さを見せるかに思われた。実際にQ1、Q2では7番手、6番手タイムを記録し、上位陣のタイムに食らいついていた。

 しかしながら、Q3のタイムはQ2よりも遅いものとなってしまい、最終的に予選9番手。ケビン・マグヌッセン(ハース)のグリッド降格により、決勝は8番グリッドからスタートすることとなった。

Read Also:

「予選も含めて、全体的にはポジティブなことがあったと思うけど、Q3でタイムをまとめられなかったことにがっかりしている」とガスリーは語った。

「今週末はなんとかまずまずのペースで走ることができていたけど、最後のアタックでそれができなかった。自分自身に腹が立っている」

「僕たちは一貫性を見出そうとして、予選でもいくつか良いラップを刻んでいた。物事はうまくいっていて、マシンのフィーリングも良かった」

「そしてQ3になって、最初のアタックは理想的なものではなかった。2回目のアタックでは、ターン1の侵入でマシンの挙動が乱れて、縁石に乗り上げてしまった。それでターン3までにコンマ4秒を失ったんだ。そのラップの残りは良かったけど、ターン1のミスが5番手以上に入る上で命取りになった」

「ターン1でミスをしてしまったことには自分自身、本当にがっかりしている」

 なお、決勝を5番グリッドからスタートするランド・ノリス(マクラーレン)とガスリーのタイム差はわずかコンマ1秒であった。ガスリーはノリス、そしてアルファロメオの2台の前で予選を終えるべきだったと確信しており、そうすれば満足のいく週末になっただろうと語った。

「それはただただ残念だけど、この順位が今週を通してのポテンシャルを表しているとは思わない」

「僕たちは明日(決勝日)のことに目を向けて、ポジションを取り戻していく必要がある」

 なおガスリーはフランスGPと同様、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと異なる作戦を採り、ガスリーがソフトタイヤ、フェルスタッペンがミディアムタタイヤでレースに臨む。

 フランスGPではその戦略に苦しんだ感のあるガスリーだが、今回は大きな支障はないと確信している。

「僕たちは予選の前にミディアムタイヤで決勝をスタートをするかについて話したが、Q1を終えた段階で、ミディアムで(Q2を)走るのに十分なアドバンテージがあるように思わなかったんだ」

「とても暑くなると思うし、とても長いレースになると思う。誰にとっても簡単なものにはならないだろう」

「フェラーリはソフトでスタートすると思うし、ミディアムでスタートするのは前方では数人だけだ。どっちに転ぶかはわからないけど、それは誰にとっても同じことなので、最善を尽くさなければならない」

次の記事
ヒュルケンベルグ、予選ではリカルドに大敗も不安なし「僕たちは同ポイント」

前の記事

ヒュルケンベルグ、予選ではリカルドに大敗も不安なし「僕たちは同ポイント」

次の記事

F1オーストリアGP:写真で見るスターティンググリッド

F1オーストリアGP:写真で見るスターティンググリッド
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy