F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
13 days

ホンダPUに出力低下が発生……しかし土曜日の走行への影響はなし

シェア
コメント
ホンダPUに出力低下が発生……しかし土曜日の走行への影響はなし
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/03/15 23:04

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、FP2でホンダPUの不調を訴えた。しかし調査の結果、問題は軽微なモノであり、土曜以降の走行に影響を及ぼすことはなさそうだ。

 レッドブルのピエール・ガスリーは、F1開幕戦オーストラリアGPのフリー走行2回目(FP2)終盤にホンダのパワーユニット(PU)の出力低下を訴えた。しかしこれは深刻なトラブルではなかったようだ。

 ガスリーはレッドブルに昇格後、初めてのグランプリ初日を迎えた。しかしFP2の終盤にPUの出力低下を訴えてピットに帰還。そのままセッションを終えることになった。

「最後の周回で、僅かにパワーの低下を感じた。だからそれを調べるために、ピットインすることを決めた」

 同セッションを4番手で終えたガスリーは、そう語った。

 その後、PUはホンダによりチェックされ、詳細は不明ながら軽微な問題があったことが確認されたという。しかしこれについては、土曜日の走行に影響を及ぼすことはなさそうだという。

 ガスリーはFP2を前述の通り4番手で終えた。これは、今季のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンのすぐ後ろの順位……ガスリー曰く、マシンの進歩という面では、大いに励まされたという。

「ポジティブな1日だった」

 ガスリーはそう語った。

「僕はマシンと共にできる限りのことをした。でも、やるべきことはまだまだある」

「予想通り、メルセデスが速いということを、僕らは目撃したと思う。そして現時点では、パッケージを最大限に活かす方法を見つけることに集中しようとしている」

 フェルスタッペンも、レッドブルにはまだまだ改善の余地があると考えている。

「僕らは自分自身のことを見ることしかできない。そして、改善すべきモノが確かにある」

「そういうモノは、誰もが持っていると思う。だって今日はシーズン最初の1日なんだからね。だから大丈夫だ。メルセデスはとても速いように見える。僕らにはやるべきことがたくさんあるし、たくさんのことを分析するつもりだ」

「エンジン(PU)については何も問題はなかった。とてもスムーズに動いていたし、良かった。明日は、もっと多くのモノをそこから引き出すつもりだ」

 オフシーズンテストが終わった時点では、今季の最有力候補と目されていたフェラーリ勢。しかしFP2ではセバスチャン・ベッテルが5番手、シャルル・ルクレールが9番手となった。

 フェラーリはまだまだ実力を隠しているのか? それについて問われると、フェルスタッペンは次のように語った。

「僕は知らない。それは彼ら(フェラーリ)に尋ねるべきだよ! それについての答えは、僕は持ち合わせていない。僕らは自分自身のことに集中するだけだし、まだやるべきことがある……それだけだ」

DAZN2ヵ月無料キャンペーン
DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施!
次の記事
アルボン、FP1でのクラッシュ原因は”経験不足とタイヤへの理解”

前の記事

アルボン、FP1でのクラッシュ原因は”経験不足とタイヤへの理解”

次の記事

F1チームの“Bチーム化”止まらず……チーム代表たちからは賛否

F1チームの“Bチーム化”止まらず……チーム代表たちからは賛否
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble