F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

ジョルジオ・ピオラ、クラウドファウンディング上でF1メカイラストを使ったプロジェクトを立ち上げ

シェア
コメント
ジョルジオ・ピオラ、クラウドファウンディング上でF1メカイラストを使ったプロジェクトを立ち上げ
2019/05/27 6:01

著名なF1イラストレーター、ジョルジオ・ピオラのイラストを使ったクラウドファウンディングのプロジェクトがスタートする。

 F1のテクニカルイラストで有名なジョルジオ・ピオラの作品を家庭に飾ることができる、新たなキャンペーンがスタートする。

 このキャンペーンは、クラウドファウンディングサイト”Kickstarter”を通じて行われるもの。同サイトを通じて、ピオラの最新のファインアートプリントを発売する。

 今回は12種類のイラストが用意されていて、ご家庭のリビングやオフィス、そしてガレージなどに飾るには最適である。

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

 用意される12種類のイラストは、下記の通りである。

・ロータス72D
・フェラーリ312B2
・ティレルP34
・フェラーリT4
・マクラーレンMP4/2
・フェラーリ640
・フェラーリF150
・レッドブルRB7
・メルセデスW07(マシン/ステアリング)
・マクラーレンMCL32のホンダPU
・フェラーリSF70H

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

 このイラストは、3つの商品が用意されている。

アートプリント:100%コットンペーパーに印刷される。このプリントは丈夫で、より色鮮やかに表現する。アーカイブインクを使用したジークレー印刷により、高い品質を実現。このプリントにはフレームが付属していないため、購入したファンが自由にイラストを飾ることができる。また、手頃な価格にすることも見込んでいる。

すぐに使えるアルミフレーム付き:イラストに現代的な外観を与え、完璧な耐久性と高品質を実現する。アルミ複合材で作られたこのフレームは非常に軽く、そしてつや消し処理が施されているために反射することがなく、明るい照明で照らされる部分に最適である。プリントとアルミフレームは堅牢であるため、湿度が高い場所や屋外に設置することもできる。

すぐに使えるアクリルコーティング:美術館に展示するレベルの、ハイエンドの処理。色彩を強調し、そして時代を超越した仕上げにより、深みを持たせることになった。アクリルガラスによる多層マウント、伸縮性のあるシリコンで密封されたフォトプリント、そして頑丈なアルミニウムのバックボードが備え付けられていて、長期にわたって気泡や亀裂を発生させることなく、飾ることができる。

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

Giorgio Piola artwork

Giorgio Piola artwork

Photo by: Giorgio Piola

 このプロジェクトを”支援”するためには、ここをクリックしてください。

 
次の記事
ハミルトンを苦しめたフェルスタッペン「勝つために全てを出し尽くした」

前の記事

ハミルトンを苦しめたフェルスタッペン「勝つために全てを出し尽くした」

次の記事

タイヤ選択ミスを認めるメルセデス「ハミルトンがドライビングで救った」

タイヤ選択ミスを認めるメルセデス「ハミルトンがドライビングで救った」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1