予選ノータイムのジョビナッツィ、トラブルの原因はバーレーンのルクレールと同じ?

シェア
コメント
予選ノータイムのジョビナッツィ、トラブルの原因はバーレーンのルクレールと同じ?
執筆:
2019/04/14 4:54

中国GPの予選でアントニオ・ジョビナッツィは、バーレーンGPでのシャルル・ルクレールと同様の問題が発生し、タイム計測ができなかった。

 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)は、トラブルにより中国GPの予選をノータイムで終えた。それはバーレーンGPでトップ走行中のシャルル・ルクレールを襲ったトラブルと同様のもので、コントロールエレクトロニクスの問題だという。

 バーレーンGPの後、フェラーリとハースは新たなコントロールエレクトロニクスを中国GPに投入した。しかしながらアルファロメオは、取り付けに時間がかかるとして、新しいユニットを投入しなかった。

 ジョビナッツィはQ1のアタックラップ開始直後にパワーを失い、再び走行することはできなかった。結果的に彼は19番グリッドからスタートする。

 チーム代表のフレデリック・バスールは次のように語った。

「フェラーリは我々に新しいスペックを投入するよう勧めてきた。しかしそれを取り付ける時間はなかった」

「我々は今日問題を抱えていたので、明日はそれを取り替える。ただし同じスペックだ。キミ(ライコネン)はユニットを変更しない」

「我々はアントニオに謝罪した。フェラーリが変更を提案したのにそれをしなかったので、100%私の責任だ。後になって色々と言うのは簡単だが、取り付けにもリスクがあったんだ」

 ジョビナッツィはFP1もパワーユニット取り付けのミスによって走行できなかった。バスールはジョビナッツィが困難なF1フル参戦1年目を過ごしていて、遅れをとってしまっていると語った。

「振り返ってみると、バーレーンのFP2でも彼はトラブルに見舞われ、ここ中国のFP1も問題が起こった。少し多すぎる」

「エンジンを始動して、アウトラップを終えて、そして彼がターン1に進入しようとしている時にトラブルが現れた」

「我々は200%アントニオを支持している。彼の速さはわかっている。まだ数字上でそれは表れていないが、いずれ数字でも示してくれると信じている」

 ジョビナッツィ自身も、レースに対する見通しは明るいままだ。

「不運なことに僕は周回をすることができなかった。ただFP2を走ったので、レースペースのデータはとれている」

「最後列からスタートする明日のレースは難しいものになるだろう。ただ追い越しのできるサーキットなので、最善を尽くす」

「僕たちの目標はポイント獲得だ。先ほど言ったように、ここは追い越しができるトラックだ。レースペースは良いし、長いレースでは何が起こるかわからない」

次の記事
FIA-F4、F1日本GPのサポートレースに。GTA坂東代表「日本の若手にとって素晴らしいこと」

前の記事

FIA-F4、F1日本GPのサポートレースに。GTA坂東代表「日本の若手にとって素晴らしいこと」

次の記事

フェルスタッペン、予選Q3でガスリーをブロックしたのは「普通のこと」

フェルスタッペン、予選Q3でガスリーをブロックしたのは「普通のこと」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
チーム Alfa Romeo
執筆者 Adam Cooper
まずは最新ニュースを読む