ジョビナッツィ、パーツを空港から運ぶ”大役”……アルファロメオのシェイクダウン

シェア
コメント
ジョビナッツィ、パーツを空港から運ぶ”大役”……アルファロメオのシェイクダウン
執筆:
2019/02/15 3:40

2月14日にシェイクダウンを行ったアルファロメオは、ジョビナッツィが空港から新車のパーツを運んだことを明らかにした。

 2月14日、イタリアのフィオラノ・サーキットでシェイクダウンを行ったアルファロメオ。その走行のために必要なパーツのひとつを、今季のレギュラードライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが空港から運んだという。

 アルファロメオは、18日の合同テストのセッション開始前に、バルセロナでニューマシンを発表する予定にしていた。しかしそれに先立つ形で、チームはフィオラノでニューマシンのシェイクダウンを行った。

 この日はバレンタインデーだったため、マシンには特別なカラーリングが施され、キミ・ライコネンがステアリングを握った。チームメイトのジョビナッツィは、マシンの組み立てに必要な最後のパーツを空港から運ぶという”重要”な役割を果たしたという。

 この日、アルファロメオのマシンは33周を走行。空力、セットアップ、冷却システムのチェックを行ったという。

 チーム代表のフレデリック・バスールは、このシェイクダウンを”ポジティブな1日”と表現。「来週から始まるバルセロナで最初のテストに先立ち、開発の進歩を評価することができた」と評価した。

 またテクニカルディレクターのシモーネ・レスタは、この日収集したデータを「新たなレギュレーションが、マシンの挙動にどのように影響するかを確認する」ために使うと付け加えた。

 新生アルファロメオは、バルセロナテスト初日(2月18日)の現地時間午前8時20分(日本時間16時20分)から、カタルニア・サーキットのピットレーンで、実際のカラーリングが施されたニューマシンを発表する予定だ。

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing

Photo by: Alfa Romeo

次の記事
アロンソはマクラーレンの”代役ドライバー”候補。テスト参加はなしか?

前の記事

アロンソはマクラーレンの”代役ドライバー”候補。テスト参加はなしか?

次の記事

F1”雑感”解説:アルファロメオ……そのフロントウイングの狙いは?

F1”雑感”解説:アルファロメオ……そのフロントウイングの狙いは?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
チーム Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news