ルクレール、イギリスGPのFP1でハースをドライブ

フェラーリ・ドライバーアカデミーのチャールズ・ルクレールが、イギリスGPのFP1でハースのF1マシンをドライブすることになった。

 モナコ出身のチャールズ・ルクレールは、シーズン当初からハースのマシンでFP1に登場することが期待されていた。そして今回ようやくそれが実現することとなった。

 ルクレールはイギリスGPを皮切りに、ハンガリー、ドイツ、マレーシア、アブダビの各GPでフリー走行1回目の出走。いずれのグランプリも、エステバン・グティエレスのハースF1マシンに乗ることになる。

 このチャンスについてルクレールは、「F1カーのシートを得ることができるなんて、素晴らしい機会だ。僕はハースF1チームと(シートを譲ってくれた)エステバンに、感謝しきれないよ」と語った。

「ハースとフェラーリから信頼してもらうことができて光栄だ。F1ドライバーになるという僕の究極の目標に向け、今回のチャンスはとても重要なステップだと思う」

 カートの世界で輝いたルクレールは、今年はGP3に参戦。その開幕戦であるスペインラウンド、レース1で勝利を収めている。また、5月にはフィオラノで、フェラーリの2014年のF1マシンF14-Tをドライブした。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Charles Leclerc
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース