【GP2,F1】ジョビナッツィ「フェラーリに声をかけて貰えたのは驚き」

フェラーリのサードドライバーになったアントニオ・ジョビナッツィは、契約締結までの経緯や今後への期待について語った。

 アントニオ・ジョビナッツィは2016年、ヨーロッパF3からGP2に昇格し、年間で5勝挙げ初シーズンをランキング2位で終えた。

 ジョビナッツィはGP2での功績が数々のF1チームから注目を浴びることを期待していたが、フェラーリと契約を締結することができるとは思いもよらなかったという。

 メルセデスからのオファーを待っていたと考えられていたジョビナッツィは、motorsport.comに次のように語った。

「イタリアGP後の(フェラーリでの)シミュレータテストが、希望に満ち溢れたチャンスになったと確信している」

「どこかしらのF1チームが、GP2での成績に関心を持ってくれることを期待していたんだ。でもフェラーリが僕に興味を持ってくれたことには本当にとても驚いたよ」

「その後2回連絡があって、そこで契約が完了したんだ」

 2017年のジョビナッツィのサードドライバープログラムの詳しい内容は、フェラーリから公表はまだされていないが、現在のフェラーリF1のドライバーであるセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのリザーブとして過ごす予定だ。

「僕の仕事は、シミュレータでテストを行い、いざという時に備えて準備をすることだ」と彼は説明した。

「ピットに座っていて、他のドライバーたちのレースを見るのが面白くないことはわかっている」

「でも僕にとってF1は新しい世界だ。そこでフェラーリのテクニカルスタッフと触れ合ったり、環境に慣れる機会を作って、それを最大限に利用したいと思う」

「そして2018年にはコースで戦えることを願っているよ」

2016年をやり直す必要はない

 ジョビナッツィはGP2最終戦アブダビで一騎討ちのタイトル争いをした。結果的にジョビナッツィは敗れ、彼のプレマでのチームメイトだったピエール・ガスリーが、8ポイント差をつけ2016年GP2チャンピオンに輝いた。

 惜しくもGP2タイトルを逃したが、ジョビナッツィは今季が”F1への足がかりを手に入れたシーズン”であることは間違いないと語った。

「もちろん、全てのドライバーが勝つことを望んでいる。でも2016年を振り返ると、とてもポジティブなシーズンだったと思う。僕はシーズン最後のレースでタイトルをかけて戦っている自分を想像することすらしていなかったのだから」とジョビナッツィは語った。

「素晴らしい年だった。繰り返し話すことになるけど、アブダビでタイトルを失ったことは心残りだ。それでも特別なシーズンだ。今年をやり直せたとしても僕は何も変えないよ」

「僕が勝ったレース(モンツァとバクー)は印象に残るようなレースだったと思う。きっと彼ら(フェラーリ)が僕に目星を付ける手助けになったんだ」

Interview by Roberto Chinchero

【関連ニュース】

ピエール・ガスリー、ジョビナッツィを退け2016年のGP2王者に輝く

フェラーリ社長、アルファロメオF1計画は進行中と認める

ジョビナッツィ、フェラーリのリザーブ起用が決定

【スーパーフォーミュラ】ガスリー参戦へ。ホンダ陣営入りが有力

ガスリー「GP2の結果を待たずしてクビアトの続投が決定された、残念だ」

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
チーム フェラーリ , プレマ・レーシング
記事タイプ 速報ニュース