GP3参戦中のエイトケン、ヘレスで初F1走行。2012年マシンでテスト

ルノーF1アカデミーのメンバーで、GP3に参戦中のジャック・エイトケンは今週へレスで行われるテストで2012年マシンを走らせる予定だ。

 ARTグランプリからGP3に参戦中のジャック・エイトケンは、キミ・ライコネンが2012年最終戦のアブダビGPで勝利を挙げたマシン『E20』を今週水曜日にへレスで行われるテストでドライブすることになった。

 このテストは、エイトケンにとって初めてのF1体験。E20はルノーチームの前身、ロータスが2012年に使用していたマシンで、今年ロバート・クビサが6年ぶりのF1に復帰した際にもルノーカラーにペイントされたモノが使用されている。

「僕が初めてF1マシンを走らせるという、今回の機会を与えてくれたルノー・スポールとアカデミーにとても感謝している」とエイトケンは語った。

「へレスは、フォーミュラ・ルノーでレースをしたことがあるから知っている。だから、E20に乗るのが本当に楽しみだ」

 エイトケンは、2016年シーズンの開幕前にルノーのアカデミーに加入した。今季のGP3ではハンガリーのレース1で優勝し、ポールポジション2回獲得。優勝を含めて表彰台に5度上がっている。メルセデスの育成ドライバーでチームメイトのジョージ・ラッセルから43ポイント差のランキング2位。同じくチームメイトの福住仁嶺を20ポイントリードしている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , GP3
ドライバー Jack Aitken
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース