GP3王者ラッセル、ブラジルFP1でフォースインディアのドライブを担当

今季のGP3チャンピオンに輝いたジョージ・ラッセルが、ブラジルGPのFP1で、F1公式セッション初走行を果たすことになった。

 メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、ARTグランプリから今季のGP3に参戦。チームメイトのジャック・エイトケンや福住仁嶺を抑え、チャンピオンに輝いた。

 そのラッセルが、ブラジルGPのFP1で、セルジオ・ペレスのフォースインディアVJM10を駆り、F1公式セッションデビューを果たすことになった。またラッセルは、最終戦のアブダビGPのFP1でも、同じくメルセデスの育成枠であるエステバン・オコンのシートを借りる形で、走行を経験することになる。

「ブラジルとアブダビのFP1で、フォースインディアのマシンをドラブすることに、とても興奮している」

 ラッセルは今回の決定についてそう語った。

「2017年には、大きなチャンスがたくさんあった。そしてシーズンの最後に、ふたつの出場機会があることは、とても素晴らしいと感じている」

「僕はこれまでVJM10をドライブしたことはないし、インテルラゴス(ブラジルGPの舞台。ホセ・カルロスパーチェ・サーキットとも呼ばれる)を走るのも初めてだ。でも、僕はこのチャレンジをとても楽しみにしている」

「このチャンスを与えてくれたフォースインディアに、心から感謝したいと思う。そして、これまでずっとサポートしてくれたメルセデスにも感謝したい」

 ラッセルはGP3のへレスラウンドで、最終戦を待たずに今季のタイトル獲得を決めた。そして来季はF2に昇格するものとみられている。また彼は、ハンガリーGP後のインシーズンテストで、メルセデスのF1マシンをドライブしている。

「ジョージにこのチャンスを与えることができ、喜んでいる」

 そう語るのはフォースインディアのオーナーであるビジェイ・マリヤだ。

「彼は有望な才能の持ち主である。そして我々は、彼がGP3で成功を収めるのを目にしてきた」

「ジョージはすでに、数回にわたってチームのシミュレータを試した。そしてチームと良好な関係を築くことができている。我々はコンストラクターズランキング4位を確保した。将来を見据える意味でも、ジョージをフリー走行にデビューさせ彼の可能性を評価することができる、理想的な時だ」

 フォースインディアは先月のメキシコGPで5位(オコン)と7位(ペレス)に入り、2年連続のコンストラクターズランキング4位を確定させた。

 シーズンを通して力強い活躍を見せたフォースインディアだが、今季はペレスとオコンが激しくポジションを争い、同士討ちするシーンが相次いだ。そのためチームは、コース上で自由に戦うことを禁止する指示を発令することとなった。とはいえペレスとオコンは、いずれも来季もフォースインディアに残留することになっている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー George Russell
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース