グロージャン危機一髪「フェラーリと同じミスをするところだった」

シェア
コメント
グロージャン危機一髪「フェラーリと同じミスをするところだった」
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
協力: Edd Straw
2018/10/06 12:25

ハースのグロージャンは日本GP予選Q3で、フェラーリと同じくインターミディエイトタイヤで走り出すというミスをするところだったと話した。

 ハースのロマン・グロージャンは、F1日本GPの予選Q3をインターミディエイトタイヤで走り出すところだったが、間一髪のところでタイヤ交換を決断したと明かした。

 周期的に変わる天候に振り回されるセッションとなった日本GPの予選。Q2終了前から雨が強まったことで、フェラーリはQ3をインターミディエイトタイヤで走り出した。しかし路面は十分には濡れておらず、ピットに戻ったことで走行時間をロス。セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、唯一のアタックラップをまとめられず、ライコネンが4番手、ベッテルが9番手に終わった。

 そんな中、グロージャンは予選5番手という好位置を獲得。彼は土壇場で心変わりし、スリックタイヤを装着して走行することを決めたのだという。

 インターミディエイトタイヤで走り出すところにどれほど近かったのかと訊かれたグロージャンは「とても近かった。僕たちはステアリングをインター用に合わせていたんだ」と話した。

「タイヤスイッチやブレーキバランスなど、すべてがインター用だった。でもコースに出て行ったマシンがあまりスライドしていない映像を見て、全てをスリック用に変えた。それが良かった」

「基本的には、どっちにすべきか分からなかった。Q2が終わってピットに戻ってきた時は、スリックタイヤでコースに留まるのも非常に難しかったからだ」と、グロージャンは付け加えた。

「だからどっちのタイヤで出るべきか、ガレージで議論していた。そして僕はこう言ったんだ。『みんな、これはギャンブルだ。フェラーリのようにインターを履くというギャンブルをして、雨が降ってきたらスーパースターになれる。路面が十分乾いていても、それほど大したことじゃない』とね」

「僕たちはリスクを冒して、待つことにした。雨が近づいてきている中で、ほかの人たちが何をしているのか見た。そしてメルセデスとフォースインディアがセクター1で滑っていないのを見た時、出て行くことにしたんだ」

「その時は正しい選択だった。だけど10分間ほどドライブしていない時間があったので、どっちにも転ぶ可能性があるんだ」

 予選Q3に進出したドライバーの中では、グロージャンはメルセデス以外で唯一、決勝をソフトタイヤでスタートすることが決まっている。グロージャンは、Q2でソフトタイヤを使用するという”勇敢な”試みが決勝で功を奏することを期待している。

「僕はFP1でソフトタイヤを使っていたけど、簡単なことじゃなかった」と彼は説明した。

「ソフトの第一印象はとても良いタイヤだった。でもそれは金曜日の午前10時のことだ。それから予選Q2までソフトタイヤを使わなかった。それに雨が降っていたから、チャンスは1回だけだった」

「これは勇敢な動きだったが、最初の感触と僕の勘では問題ないと思った。実際、週末のベストタイムをQ2で記録できたはずだ」

「決勝で気温が上がれば、それが適したタイヤになるはずだ」

次の記事
トロロッソ・ホンダ、鈴鹿で躍動。ホンダ田辺TD「ここまでの努力の結果」

前の記事

トロロッソ・ホンダ、鈴鹿で躍動。ホンダ田辺TD「ここまでの努力の結果」

次の記事

ハートレー、自己ベストの6番手獲得「”エンジニアの嘘”が自信に繋がった」

ハートレー、自己ベストの6番手獲得「”エンジニアの嘘”が自信に繋がった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロマン グロージャン 発売中
チーム ハースF1チーム
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース