フェラーリ加入は夢だけど……グロージャン、ハース加入理由を語る

シェア
コメント
フェラーリ加入は夢だけど……グロージャン、ハース加入理由を語る
2018/08/19 1:15

ロマン・グロージャンは、将来フェラーリに加入することができるという希望を考え、ハースに加わることを決めたわけではないと語る。

 今季ハースで活躍するロマン・グロージャンは、将来フェラーリに加入することができるという希望を感じたために現在のチームに加わることを決めたわけではないと語る。

 ハースは、フェラーリとの強い結びつきにより、様々な恩恵を受けてきた。特に今季はその恩恵を十分に発揮し、高い戦闘力を誇っている。

 現在、フェラーリはセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのコンビでシーズンを戦っている。しかし、ライコネンが今季限りでチームを離脱するのではないかとの噂が根強い。

 グロージャンはこのライコネンのシートを狙うひとりではないかと見られていたが、現時点で最有力候補と目されているのはザウバーのシャルル・ルクレールである。

 ルクレールが登場したことにより、フェラーリに移籍するという野望が潰えたと考えるかと尋ねられたグロージャンは、motorsport.comに対して次のように語った。

「僕はまだ、ワールドチャンピオンになりたい」

「誰にも分からないことのひとつは、2021年に何が起きるかということだ」

 2021年には、新しいレギュレーションと商業構造が導入される。

「僕はもっと多くのチームが、レースに勝つチャンスが増えることを願っている」

「未来がどんなモノになるのか見ていきたいと思う。僕はチームの一員でいることについて、とても満足している。ハースは現在、中団チームの中で最高のチームだ。だから、誰もがこのチームに加わりたい。僕らは驚くべきことを成し遂げている。そして、僕はフェラーリに行くためにここに来たわけじゃない」

「フェラーリに行くという夢があること、それを隠すつもりはない。でも、フェラーリに行くためにハースに来たわけじゃない」

「将来に何が起きるのか、誰が知っているだろうか? 今のところ、僕はここで仕事を続けたいと思う。なぜなら、僕らにはもっと多くのことができるようになったと思うからだ」

 フェラーリの次期ドライバー最有力候補とされるルクレールについてグロージャンは、「今シーズン、素晴らしい仕事をしている」と語る一方、2年目のシーズンでより苦労する可能性があると警告する。

「僕はF2に上がってくる前は、彼(ルクレール)のことはあまり知らなかった。しかし、彼はF2で本当に強かったし、今シーズンも素晴らしい仕事をしている」

 そうグロージャンは語る。

「僕にとっては、常に2年目の方が1年目よりも難しい。1年目には何の期待もないけど、2年目には期待が高まるものなんだ。彼がフェラーリに行くなら特にね」

「でも、それは見るのは興味深い。彼は非常に良い仕事をしているし、ザウバー自体が絶好調なレースを繰り広げている」

次の F1 ニュース
ルノー、ベルギーGPでフロアをアップデート。来季用コンセプトもテスト

前の記事

ルノー、ベルギーGPでフロアをアップデート。来季用コンセプトもテスト

次の記事

”運”が作用した前半戦24ポイント差。一筋縄ではいかない後半戦の予感

”運”が作用した前半戦24ポイント差。一筋縄ではいかない後半戦の予感
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロマン グロージャン 発売中
チーム フェラーリ 発売中 , ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース