F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

ハース代表に“扱いづらい”と評されたグロージャン「これまでのボスとはうまくやってきた」

ハースのギュンター・シュタイナー代表に「扱いづらい」と評されたロマン・グロージャンは、過去のチーム代表とはうまくやってきたと主張し、シュタイナー自身の管理能力に問題があると暗に示唆した。

ハース代表に“扱いづらい”と評されたグロージャン「これまでのボスとはうまくやってきた」

 2016年のチーム創設以来ハースのドライバーとしてF1を戦ってきたロマン・グロージャンは、2020年を最後にチームを去ることになっている。

 そんなグロージャンについてチーム代表であるギュンター・シュタイナーは「扱いづらいがチームにとって素晴らしい人材」と表現。「我々が適切なタイミングで彼を獲得できた時、彼はチームにとって大きな財産となった。彼が我々のためにしてくれたことに感謝しなければいけない」と付け加えた。

Read Also:

 かつてはルノーやロータスに所属した経験を持つグロージャンは、自身を“扱いづらい”と評したシュタイナーのコメントについて尋ねられ、motorsport.comに対してこう語った。

「あまり詳しいことは話したくない」

「僕はチームに多大な貢献をしてきた。確かにミスも犯したこともある……でもミスをしない人なんているのか?」

「それに、マシンが酷い時は105%の力で走らないと良い結果を残すことはできないし、そんな走りをしていたらミスをする可能性も上がってくる」

「逆に良いマシンがあるなら、99.8%の力で走ればいいから、安定性も増す。僕の両方の状況を知っているからこそ、そう言えるんだ」

「僕は扱いづらいのか? それは僕には分からない。でも過去に僕ととてもうまくやっていた人たちがいる訳だから、そうすることは可能だと思うけどね」

 ハースは今季ここまでわずか3ポイントしか獲得できておらず、コンストラクターズランキングで9番手に沈んでいる。昨季もコンストラクターズランキング9位に終わったハースだが、その時は28ポイント獲得していることを考えると、2020年はチーム史上最悪のシーズンと言っても過言ではない。

 “過去最低のシーズン”という点では、グロージャンも同じだ。ここまでグロージャンは入賞1回、2ポイントの獲得にとどまっており、このままポイントを加算することなく終えれば、フル参戦シーズンでは最低の記録となる。

 しかしグロージャン本人は、今シーズンがここまで「とても良い」と語った。

「ウエットでどうしようもなかったトルコを除けばね」とグロージャン。

「僕は基本的に、可能な限りマシンの限界を引き出していた。ドイツ(アイフェルGP)が良い例だし、モンツァでのレースもとても良かった。ムジェロでもそうだ」

「だからこのシーズンには満足している。マシンがマシンだからどのくらい良いシーズンだったか言うのは難しいけど、本当に良いシーズンだったと思っている」

 また、同じく今季限りでハースを離れるケビン・マグヌッセンは、ここまでの2020年シーズンをこう評価した。

「とても満足している。でも常に改善の余地はある」

「悪いシーズンだったとは言わない。振り返ればもっと良い仕事ができたと思うことは常にあるけど、僕は良い感じだったと思うよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
マグヌッセン、来季はスポーツカーレースに転向か。チップ・ガナッシからIMSA参戦が濃厚

前の記事

マグヌッセン、来季はスポーツカーレースに転向か。チップ・ガナッシからIMSA参戦が濃厚

次の記事

トルコ最終周、凡ミスを悔やむルクレール「ブレーキングが楽観的すぎた」

トルコ最終周、凡ミスを悔やむルクレール「ブレーキングが楽観的すぎた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Alex Kalinauckas