F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

ロマン・グロージャン、アルピーヌF1上層部の入れ替えに驚きも、”成功”を願う

2020年限りでF1を離れ、今季はインディカーに挑むロマン・グロージャンは、アルピーヌF1の上層部が大きく変わったことに驚いたと言うが、それでもチームは良い方向に向かうだろうと考えていると語った。

ロマン・グロージャン、アルピーヌF1上層部の入れ替えに驚きも、”成功”を願う

 2020年限りでハースF1のシートを失うことになり、今シーズンはデイル・コイン・レーシングのドライバーとしてインディカー・シリーズに挑むロマン・グロージャン。彼はかつて自身も所属したアルピーヌF1(昨年までのルノーF1)の首脳陣が変わったことについて、驚いたと語った。

 グロージャンはかつてルノーの育成ドライバーであり、2009年のヨーロッパGPで同チームからF1デビューを果たした。しかし後半7戦を戦ったものの1度も入賞することはできず、GP2(現在のFIA F2)に逆戻り。2011年にGP2でチャンピオンを獲得すると、2012年にはルノーから名を変えたロータスよりF1にカムバック。2位表彰台2回を含む10回の表彰台を獲得した。

 その後、2016年には新チームであるハースに移籍し、以来5年間を同チームで過ごしたが、2020年限りでシートを失い、今季はインディカー・シリーズに挑む。

 ロータスもグロージャンが離れた2016年から再びルノーF1へと名称が戻り、2021年からは同社のスポーツカーブランドである”アルピーヌ”の名とカラーリングを纏うことになる。

 グロージャンは、ハースを離れた後もF1で共に働いた関係者たちと密に連絡を取り合っているという。そして、アルピーヌF1がどういう方向に進んでいくのか、強い興味を持っているようだ。

 アルピーヌは、昨年までスポーティング・ディレクターを務めていたシリル・アビテブールがチームを離脱。レーシングディレクターとして、昨年スズキをMotoGPチャンピオンに輝かせたダビデ・ブリビオが加わることになった。つまりチームの組織が大きく変わる可能性があるということになる。しかしグロージャンは、この変更がチームにとってポジティブなことになるだろうと考えている。

「その変更について、僕は注視してきた。とても驚いたと言えるだろう」

 ブリビオがアルピーヌに加わったことについて、グロージャンはそう語った。

「スズキにいたブリビオのことは、少し知っている。僕はMotoGPの大ファンなんだ。だから彼がコースにいる姿を目にしていたし、彼が去年ライダーたちと勝ち獲ったチャンピオンシップのこともよく見ていた」

「彼はレースのことをよく知っているから、ルノー(アルピーヌ)にとっては彼が加わるのが良い動きだったならいいね。そして、マルチン(ブコウスキー)がファクトリーのトップを務めているのも良いことかもしれない」

「彼らにとって最も良い形になることを願っている。ルノーは、僕の人生の中で10年を過ごした場所だ。だから、彼らが最善の結果を手にできることを心から願っている。彼らが昨年行なったことに基づいて、力強い基盤を形作れることを願っている。きっと良い結果が出るはずだ」

 今季のアルピーヌは、エステバン・オコンが残留。そのチームメイトには、ルノー時代の2005年と2006年に2年連続でF1チャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソが、2018年以来のF1復帰を果たすことになっている。

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、メルセデスF1との契約を1年延長。”多様性”を高めるための財団も立ち上げ

前の記事

ハミルトン、メルセデスF1との契約を1年延長。”多様性”を高めるための財団も立ち上げ

次の記事

F1テレビ視聴者数、コロナ禍の2020年でも微減に留まる「これがF1の強み」

F1テレビ視聴者数、コロナ禍の2020年でも微減に留まる「これがF1の強み」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロマン グロージャン
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble