グロージャン、メルセデスでのF1テストが実現! 2019年のチャンピオンマシンをポールリカールでドライブ

ロマン・グロージャンは、6月にポールリカールで行なわれるメルセデスのテストに参加し、昨年バーレーンで見舞われた事故以来初めて、F1マシンをドライブすることになる。

Romain Grosjean, Mercedes
Romain Grosjean, Mercedes
1/5

写真:: Mercedes GP Petronas Formula One Team

Romain Grosjean, Mercedes
Romain Grosjean, Mercedes
2/5

写真:: Mercedes GP Petronas Formula One Team

Romain Grosjean, Mercedes
Romain Grosjean, Mercedes
3/5

写真:: Mercedes GP Petronas Formula One Team

Toto Wolff, Executive Director (Business), Mercedes AMG and Romain Grosjean, Mercedes
Toto Wolff, Executive Director (Business), Mercedes AMG and  Romain Grosjean, Mercedes
4/5

写真:: Mercedes GP Petronas Formula One Team

Romain Grosjean, Mercedes
Romain Grosjean, Mercedes
5/5

写真:: Mercedes GP Petronas Formula One Team

Listen to this article

 不本意な形でF1を離れたロマン・グロージャンが、再びF1マシンのコックピットに戻ってくることになった。ドライブするマシンは、これまで乗ったことのないメルセデスのマシンだ。

 2020年11月に行なわれたバーレーンGPのオープニングラップに発生した大クラッシュにより、グロージャンは両手に火傷を負った。マシンが真っ二つになり、コックピットが火に包まれる危険な事故だっただけに、グロージャンが無事だったことは幸いだが、その怪我によりグロージャンはシーズン終盤2戦を欠場することになってしまった。

 所属チームであるハースとの契約が終了することが決まっていたため、グロージャンはこのクラッシュを最後に、F1を離れることになってしまったのだ。

 グロージャンはすでにインディカーに参戦し、レース活動を再開させている。ただ当時からクラッシュをF1最後の思い出にしたくはないと考えており、プライベートテストという形だったとしても、もう一度F1マシンに乗りたいと語っていた。そして当時、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、もしグロージャンがレースをしてきたルノーやハースといったチームが、そうした機会を用意できないのならばと、テスト実施に名乗りを上げていた。

Read Also:

 そしてそれが、実現する形となった。グロージャンは6月29日にポールリカールで、2019年のチャンピオンマシンであるメルセデスW10のテストを実施。その前の週末に開催されるフランスGPで、デモランも行なうという。

 このテストの準備は3月からスタート。グロージャンはブラックリーにあるメルセデスのファクトリーを訪れ、シートフィッティングやシミュレーターでの作業を行なったようだ。

「F1マシンに戻ることができて、とても興奮しているよ!」

 そうグロージャンは語った。

「僕にとって特別な機会になるだろうし、チャンピオンシップで優勝したメルセデスをドライブすることは、他にはない経験になるだろう」

「この機会を与えてくれたメルセデスF1とトトにとても感謝している。メルセデスをドライブするチャンスについて最初に知ったのは、バーレーンの病院のベッドの上で、トトがメディアに話したのを聞いたときだった。そのニュースを読んで、僕はとても元気づけられた」

「新型コロナウイルスの影響で、2020年にF1がフランスでレースをする機会がなかったので、2021年のフランスGPでメルセデスをドライブし、その後、僕のホームコースであるポールリカールでテストを行なうことは、とても特別なことだ。その日が来るのが待ち遠しい」

「我々は、この特別な機会にロマンをサポートできることを大変うれしく思う」とウルフは付け加えた。

「このアイデアは、ロマンがF1での現役生活に終止符を打つと思われたときに生まれたもので、彼の事故がF1マシンに乗る最後の瞬間になってほしくはなかったんだ」

「私は、ロマンがF3でチャンピオンになった頃から知っている。彼は長い間、F1で活躍してきたが、我々は彼のF1最後の思い出がチャンピオンマシンのステアリングを握った時になるようにしたかったんだ。ロマンがW10にどんなフィードバックをするのか、楽しみだ」

「ロマンの事故は、彼らドライバーがコックピットに乗り込むたびに直面する危険性を思い出させてくれたが、同時に、このスポーツが長年にわたって安全性を向上させるために行なってきた驚くべき措置の証でもある」

「F1コミュニティは、ロマンの復帰を祝福してくれることだろう」

 
 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

サインツJr.、ミディアムタイヤのグレイニングに苦しみポルトガルGP入賞逃す「ハードタイヤの方が良かった……」

ハミルトンとボッタスで、リヤウイングの仕様を分けたメルセデス……これが”7回王者”ポルトガル勝利の要因か?

最新ニュース

特集|9mm四方のカメラがF1放送を変えた。モータースポーツ界のトレンド「ドライバー目線カメラ」はどのように生まれた?

特集|9mm四方のカメラがF1放送を変えた。モータースポーツ界のトレンド「ドライバー目線カメラ」はどのように生まれた?

F1 F1

特集|9mm四方のカメラがF1放送を変えた。モータースポーツ界のトレンド「ドライバー目線カメラ」はどのように生まれた? 特集|9mm四方のカメラがF1放送を変えた。モータースポーツ界のトレンド「ドライバー目線カメラ」はどのように生まれた?

FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、F1への日常的な関与から離れることが明らかに。F1との対立巡る諸問題とは無関係?

FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、F1への日常的な関与から離れることが明らかに。F1との対立巡る諸問題とは無関係?

F1 F1

FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、F1への日常的な関与から離れることが明らかに。F1との対立巡る諸問題とは無関係? FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、F1への日常的な関与から離れることが明らかに。F1との対立巡る諸問題とは無関係?

マクラーレン、2023年の新マシン名は『MCL60』と発表。チーム創立60周年で命名規則大幅スキップ

マクラーレン、2023年の新マシン名は『MCL60』と発表。チーム創立60周年で命名規則大幅スキップ

F1 F1

マクラーレン、2023年の新マシン名は『MCL60』と発表。チーム創立60周年で命名規則大幅スキップ マクラーレン、2023年の新マシン名は『MCL60』と発表。チーム創立60周年で命名規則大幅スキップ

MotoGPでSNS人気ナンバーワンはマルケス! 怪我で王座遠ざかり欠場多数も圧倒的なファンの支持

MotoGPでSNS人気ナンバーワンはマルケス! 怪我で王座遠ざかり欠場多数も圧倒的なファンの支持

MGP MotoGP

MotoGPでSNS人気ナンバーワンはマルケス! 怪我で王座遠ざかり欠場多数も圧倒的なファンの支持 MotoGPでSNS人気ナンバーワンはマルケス! 怪我で王座遠ざかり欠場多数も圧倒的なファンの支持