F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
28 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
42 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
70 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
77 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
105 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
112 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
133 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
147 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
161 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
196 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
210 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
217 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
231 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
245 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
252 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
266 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
280 days

マグヌッセン、昨年不振のハースは“負のスパイラル”に陥らないと予想。その理由は?

シェア
コメント
マグヌッセン、昨年不振のハースは“負のスパイラル”に陥らないと予想。その理由は?
執筆:
2020/01/28 3:37

ハースのケビン・マグヌッセンは、チームがかつてのマクラーレンやウイリアムズのような“負のスパイラル”に陥ることはないと考えている。

 2014年にマクラーレンからF1デビューを果たしたケビン・マグヌッセンは、デビュー戦であるオーストラリアGPで2位表彰台を獲得した。これは彼のキャリアで唯一の表彰台となっている(2019年終了時点)。

 当時のマクラーレンはメルセデス製のパワーユニット(PU)を搭載しており、そこを強みとしていた。しかし、2015年からホンダ製にPUをスイッチして以降は低迷が続き、それはPUをルノー製に変更してからも続いた。マクラーレンは2019年にコンストラクターズランキング4位を獲得し、ようやく復活の兆しを見せたが、それまでは“負のスパイラル”が続いていたと言える。

 マグヌッセンは2015年を最後にマクラーレンを離れ(2015年はリザーブドライバー)、ルノー、ハースとチームを渡り歩いてきた。ハースは2018年に躍進し、自身も自己ベストのドライバーズランキング9位を獲得したが、昨年は一転して大不振に。マグヌッセンの成績も同16位にまで落ち込んだ。

 しかしながらマグヌッセンは、チームが困難な時期にいることを認めながらも、古巣マクラーレンのような“負のスパイラル”に陥ることはないと考えている。

「チーム発足からの3年間で、僕たちは大きな前進を遂げた」とマグヌッセンはmotorsport.comに語った。

「それほど大きい進歩には見えないかもしれないけど、(3年間で)コンストラクターズランキング8位から5位まで上がったのはすごいことだ」

「例えばトロロッソのように、優勝したり、表彰台を獲得したことはない。でも彼らは(コンストラクターズランキングで)トップ5に入ったことはない。この事実には誰も気付いていないようだ」

「もちろん、チームの成績が下降するよりも上昇する方が嬉しいに決まっている。成長と改善を感じ、起こっていること全てに興奮するんだ」

「でも、常に前進することだけを期待するのは難しい。かつてマクラーレンやウイリアムズのようなビッグチームが陥った負のスパイラルにならなければ問題ない。僕はここ(ハース)でそれは起こらないと思っている」

「それは小規模で歴史の浅いチームの良い点のひとつだと思っている。素早く状況を変えて、軌道修正することができるんだ」

 これにはマグヌッセンのチームメイトであるロマン・グロージャンも同意している。グロージャンは、チームが欠点を認める誠実さを持ち合わせていれば、持ち直すことができるだろうと語った。

「僕たちは何事もざっくばらんに言う必要がある。『何を良くすればいいんだ?』『どこが改善できるんだ』とね?」とグロージャンは語った。

「昨年何が良くなかったのか……ドライバーなのか、エンジニアなのか、マネージメント、コミュニケーション、それともキッチンなのか? チームの全員が誠実に自分自身を見つめ直し、より良くしていかないといけない」

「僕たち全員がそれをできれば、チームは良くなるだろう。昨年はたくさんのことを学んだし、データもたくさんとった。だからポジティブな方向に向いていくと思っている」

Read Also:

次の記事
ドライビングの仕方を忘れるわけ無いだろう! ガスリー、“馬鹿げた批判”を燃料に奮起

前の記事

ドライビングの仕方を忘れるわけ無いだろう! ガスリー、“馬鹿げた批判”を燃料に奮起

次の記事

元マクラーレン&ロータス代表のブーリエ、フランスGP運営への注力を拡大

元マクラーレン&ロータス代表のブーリエ、フランスGP運営への注力を拡大
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy