F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

ハース、フィッティパルディ&デレトラのリザーブドライバー起用を発表

シェア
コメント
ハース、フィッティパルディ&デレトラのリザーブドライバー起用を発表
執筆:
, Grand prix editor
2020/03/27 3:37

ハースF1チームは、ピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラを2020年のテストドライバーおよびリザーブドライバーとして起用することを発表した。

 ハースは2020年シーズンのF1におけるテストドライバーおよびリザーブドライバーを発表。昨年に引き続き、ピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラのふたりがレギュラードライバーをサポートすることとなった。

 フィッティパルディは昨年までチームのテストドライバーを務め、デレトラはチームの公式シミュレータードライバーを務めていた。2020年はふたりがテストドライバーおよびリザーブドライバーという形で、業務を共有することとなる。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは次のように語った。

「言うまでもなく、開幕戦であるオーストラリアGPでこの発表を行なう予定だったが、世界中で流行しているCOVID-19(新型コロナウイルス)への対応を優先した」

「ピエトロとルイは過去12ヵ月にわたって我々にその才能を証明しており、ふたりを公式のテストドライバーおよびリザーブドライバーとして迎えられることを嬉しく思う」

「昨シーズンは困難に直面したシーズンだったが、その中でも彼らのシミュレーター業務には間違いまく価値があった。2020年も引き続き彼らに仕事をしてもらい、さらなる機会を提供できることを楽しみにしている」

「そして、ロマン(グロージャン)とケビン(マグヌッセン)というふたりのレギュラードライバーをサポートする独自のレースプログラム、そしてハースVF-20に携わるエンジニアリングチーム全体に有益な情報をもたらすことを期待している」

 フィッティパルディはハースでF1の業務に携われることを嬉しく思っていると語った。

「このチームと繋がりを持つことができるのは非常に嬉しい」

「僕はF1を通して学ぶのを止めることはない。それがシミュレーターなのか実際のマシンなのかは関係ない。既にハースで多くの仕事をこなしていて、テストでは2000km以上を走行しているんだ」

 なおフィッティパルディは今季、B-MAX Racing with motoparkからスーパーフォーミュラに参戦する予定となっていたが、急遽そのシートはセルジオ・セッテ・カマラが座ることに。現時点で、フィッティパルディの2020年レースプログラムは明らかになっていない。

 

Read Also:

次の記事
ブリアトーレ、ルクレールを高評価も「フェラーリ加入が”2年”遅かった」

前の記事

ブリアトーレ、ルクレールを高評価も「フェラーリ加入が”2年”遅かった」

次の記事

ハミルトンはシューマッハーを超えたのか(3):大きな決断が黄金時代を生んだ

ハミルトンはシューマッハーを超えたのか(3):大きな決断が黄金時代を生んだ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイ デレトラ , ピエトロ フィッティパルディ
チーム ハースF1チーム
執筆者 Luke Smith