ハースの異議却下。フォースインディアのエントリー有効と判断も……?

シェア
コメント
ハースの異議却下。フォースインディアのエントリー有効と判断も……?
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/11/25 0:51

スチュワードは、レーシングポイント・フォースインディアのエントリーについてハースが申し立てた異議を却下した。

 ハースF1チームは、レーシングポイント・フォースインディアのマシンに関して異議申し立てをしていたが、スチュワードは審議の結果、これを却下したことを発表した。

 フォースインディアは夏休み前に破産申請を行い、シーズン中にオーナーが交代。ベルギーGPからは”新チーム”としてエントリーし直し、レーシングポイント・フォースインディアとしてシーズンを戦ってきた。

 これに対してハースは、レーシングポイント・フォースインディアは”別のチーム(=旧フォースインディア)”のマシンやデザインを使用しているためコンストラクターではなく、チャンピオンシップを戦う(分配金を受け取る)資格がないと主張したのだ。

 スチュワードは両者の主張を聞いた上で審議し、ハースの異議を却下。さらにスチュワードは”リステッド・パーツ”についての判断を発表した。

 リステッド・パーツとは、他の競技者が設計・製造に関わることが許されていないパーツのこと。リストに該当するパーツは、チームが自ら設計・製造するか、外部に委託して調達しなければならない。

 ハースは、レーシングポイント・フォースインディアがリステッド・パーツを設計も外部に製造委託もしていないと主張していた。

 スチュワードは、旧チームの”サハラ・フォースインディア”は、レーシングポイント・フォースインディアが生まれた時点でもはや存在しておらず、『他の競技者またはコンストラクター』ではないため、パーツを調達する上でレギュレーション違反とはみなされないと判断。レーシングポイント・フォースインディアのエントリーは有効だとの裁定を下した。

 ハースの異議は却下されたものの、控訴を行う権利は残っている。論点は、新しいチームであるレーシングポイント・フォースインディアが、分配金を受け取る権利を持っているかどうかということだ。

 過去3シーズンで2度トップ10圏内に入ったチームに受給資格が与えられる、”コラム1”と呼ばれる分配金があるが、2016年に参戦を開始したハースはこの分配金の受け取りを2年間待たなければならなかったため、新フォースインディアもそうするべきだと主張している。

 スチュワードの裁定を受けて、ハースはこの決定に異議を唱える意向の通知を提出した。今後、控訴の手続きを正式に進めるかどうかを決定するまでに、96時間の猶予が与えられる。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、この裁定が複雑な法的性質を持つこと、忙しいレースウィーク中に出された決定だということを考慮すると、”時間を買う”という判断は当然だと話した。

「実際に裁定を読む時間がなかった。理由を説明する文書が長かったからね」

「来週の初めに、もう少し詳しく知ることができるだろう。我々の法律顧問と話し合い、次にどうするかを決める」

「我々の意見では、彼らは新しいコンストラクターだ。だから我々と同じようにする必要がある」

「最終的にはお金の問題だ。我々が多くのお金をもらいたいのではなく、みんなが平等に扱われるべきだと考えているんだ。今後数週間で、どうするかを決める」

次の記事
【動画】F1アブダビGP ハミルトンの予選PPオンボードカメラ映像

前の記事

【動画】F1アブダビGP ハミルトンの予選PPオンボードカメラ映像

次の記事

ライバルも速さに脱帽。ハミルトン、圧巻ポールの決め手はセクター3

ライバルも速さに脱帽。ハミルトン、圧巻ポールの決め手はセクター3
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper