F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

ハース、モナコでカラーリング変更なし。リッチエナジーの”ロゴ問題”は静観

シェア
コメント
ハース、モナコでカラーリング変更なし。リッチエナジーの”ロゴ問題”は静観
執筆:
2019/05/23 6:56

ハースは、タイトルスポンサーのリッチエナジーがロゴを巡る著作権訴訟に敗れたにも関わらず、カラーリングの変更を予定していないようだ。

 ハースF1チームは、タイトルスポンサーであるリッチエナジーがロゴに関する著作権訴訟に敗れたものの、カラーリングやスポンサーロゴの変更を予定していないようだ。

 雄鹿を象徴としたロゴを使用する自転車メーカーのホワイト・バイクスは、リッチエナジーのロゴが自社の”コピー”であり、許可なく使用されているとして訴訟を起こし、勝訴した。

 この結果、ホワイト・バイクスがリッチエナジーに対しロゴの使用差し止めや損害賠償請求を行う可能性が生じた。

 来月、この件は再び裁判所で審議されることになっているが、その間ハースはマシンやドライバーのヘルメットに入れられているリッチエナジーのロゴを取り除く必要があると言われてはいないようだ。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーに、裁判の影響について尋ねると、彼はmotorsport.comに対してこう答えた。

「我々は全てが問題ないことを確認している。我々は言われていることを全てやっている。ロゴに問題を抱えているのは我々ではなく、リッチエナジーだ。彼らがそれを変更する必要があるのか、それとも別の解決策があるのか、私には分からない」

「私にはそれらの問題を整理する必要がないので、彼らの問題に関与するつもりはない。ここ(モナコ)では、ロゴを現状のままにしておくように言われた。他に指示があったとしても、対応する準備ができている」

 裁判所の判決は、リッチエナジーのCEOであるウィリアム・ストレイに対して特に批判的なものだったが、シュタイナーはこの件でチームのイメージがダメージを受けることについてはあまり心配していないと言う。

「私は、他人が言っていること、やっていることで人々を判断したくはない」と説明した。

「みんな知っているように、それに関して私は非常に寛容だ。その人がやったことが正しかったか、間違っていたかを私が判断するつもりはない。私は人生においてそういった立場に立ったことがない」

「裁判官は意見を述べているのであり、私が理解している限り、彼ら(リッチエナジー)は控訴するだろう。我々は全てが終わり、結論が出るまで待つ必要がある」

「裁判官がウィリアムをどう判断しようと、私に何かができるか? 彼が私に良くないことをしたことはない。それが私の意見だ」

「彼は、やろうとしていたことをやった。それは我々にとって悪いことか? だから全てが終わるまで私は待つ」

 またシュタイナーは、最近のプレスリリースの中で、ホワイト・バイクスがハースのF1マシンの画像を使用したことで、一定の宣伝効果を得たと示唆した。

「ホワイト・バイクスにとってみれば、お金を払わずにF1マシンを使い、楽に宣伝効果を得ることができる」

「彼らはそこからかなりの露出を稼ぐことができるだろう。ただ、我々が間違ったことをしていたわけではないので、それを魅力的には感じない。ハースが間違ったことをしたとは書かれていないので、それについて文句を言うことはできない。我々のことを非難はせず、ただロゴがF1マシンについていると言っているだけだ」

Additional reporting by Adam Cooper

次の記事
フェラーリ、モナコGPでハースとアルファロメオにも新型エンジン供給へ

前の記事

フェラーリ、モナコGPでハースとアルファロメオにも新型エンジン供給へ

次の記事

F1メカ解説|第6戦モナコGPピットレーン直送便

F1メカ解説|第6戦モナコGPピットレーン直送便
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble