F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
15 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
22 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
29 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
43 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
50 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
71 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
99 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
106 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
120 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
134 days

ハースF1、2020年マシンのカラーリング発表。原点回帰?

シェア
コメント
ハースF1、2020年マシンのカラーリング発表。原点回帰?
執筆:
2020/02/06 14:15

ハースF1チームは、全チーム中最速で、2020年用のマシンVF-20のカラーリングを発表した。

 ハースF1チームが、2020年シーズンを戦うニューマシンVF-20のカラーリングを発表した。全10チーム中、最も早く新車のイメージを公開したチームということになる。

 

 2019年は苦しいシーズンを送ったハース。当初はメインスポンサーを務めていたエナジードリンクブランド”リッチエナジー”のカラーリングを身に纏ったが、シーズン途中で同社がスポンサーから離脱。それでもシーズン末までは、黒と金のカラーリングを維持した。

 今回発表されたカラーリングは、黒ベースながらもホワイトと赤で塗り分けられており、2018年までのカラーリングによく似ている。

 厳しい2019年を経て、復活を期す2020年。チームはこの後、2月19日から始まるカタルニア・サーキットでのプレシーズンテストで、走行開始前に実車を報道陣に公開。その後、ケビン・マグヌッセンがステアリングを握り、走行をスタートする予定だ。2日目にはロマン・グロージャンがドライブ。3日目にはふたりのドライバーがマシンをシェアする予定だ。

Read Also:

次の記事
ウイリアムズ新車FW43を初始動。今年は開発に遅れなし?

前の記事

ウイリアムズ新車FW43を初始動。今年は開発に遅れなし?

次の記事

ハース、“伝統のカラーリング”で復活期す「チームは昨年の失敗から学んだ」

ハース、“伝統のカラーリング”で復活期す「チームは昨年の失敗から学んだ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble