F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
9 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
37 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
44 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
58 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
72 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
79 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
93 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
100 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
114 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
128 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
163 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
177 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
184 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
198 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
212 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
219 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
233 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
247 days

ハース、ライバルの抗議に憤慨「コース上で勝てないからって……」

シェア
コメント
ハース、ライバルの抗議に憤慨「コース上で勝てないからって……」
執筆:
2018/09/10 6:17

ハースのシュタイナー代表は、ライバルたちがコース上でハースを倒すことができないために、法的手段に訴えていると主張した。

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、ルノーをはじめとするライバルたちが、トラック上のバトルではハースに敵わないため、法的手段でその勢いを止めようとしていると話した。

 イタリアGPではロマン・グロージャンが6位でフィニッシュしたものの、ルノーがマシンにレギュレーション違反があるとして抗議を行った。その結果フロアに違反が認められ、グロージャンは失格となり6位獲得が幻となった。

 しかしハースは何も違反はないとの主張を変えず、国際控訴裁判所に控訴を提出した。

 グロージャンの失格により、ルノーはハースからコンストラクターズランキング4位を取り戻すことになったが、シュタイナーは直近のライバルであるルノーが行動を起こした”理由”を説明した。

 チームとして、最近の騒ぎは予期していたものなのかシュタイナーに問うと「私は予想していなかったが、時に人々はこのように反応することはある」と答えた。

「もし彼らがトラック上で我々を倒すことができなければ、法廷で倒そうとしてくるだろう。それがいま起きていることだ。妬まれるほどに、一生懸命働かなければならない。我々はより一層懸命に仕事をし、これまで以上に激しく戦うだろう」

 シュタイナーは接戦を繰り広げる中で、チームが政治的な行動を取ることは避けられないと示唆した。

「時にはそうしなければならないこともある。レースにおいてはどんなアプローチもありうる。それが正しいかどうかは、外部が決めることだ」

 ハースは今後、数週間に及ぶパリの控訴裁判所における審問という難局に挑むことになるが、シュタイナーはチームが動転するようなことはないと主張した。

「それは私の気を散らすようなものではない」

「チームのみんなは、どこに力を入れるべきか分かっている。レースに向かう時に取り乱すことはない。我々は常に良い結果を得ようとしているし、その他のものはオフラインにしておけるんだ」

次の記事
F1の完全電動化を語るのは”ナンセンス”と、FIA会長主張

前の記事

F1の完全電動化を語るのは”ナンセンス”と、FIA会長主張

次の記事

【動画】F1シンガポールGP コース紹介オンボード映像

【動画】F1シンガポールGP コース紹介オンボード映像
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble