F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

「ドライバーの仲が悪くても関係ない」ハース、ヒュルケンベルグ起用に前向き?

シェア
コメント
「ドライバーの仲が悪くても関係ない」ハース、ヒュルケンベルグ起用に前向き?
執筆:
2019/09/04 3:26

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ニコ・ヒュルケンベルグをケビン・マグヌッセンのチームメイトに起用する可能性があることを認めた。

 F1第13戦ベルギーGPを前に、ルノーがエステバン・オコンの起用を発表した。ダニエル・リカルドはチーム残留が決まっているため、ニコ・ヒュルケンベルグがシートを失うことになってしまった。

 しかしながら、ヒュルケンベルグにはハース移籍の可能性があると考えられている。ロマン・グロージャンに代わるドライバーの有力候補に挙げられているのだ。

 ヒュルケンベルグのハース移籍が実現した場合、ケビン・マグヌッセンとコンビを組むことになるのだが、このふたりは相性が良いとは言えない。

 2017年のハンガリーGPでは、マグヌッセンにコース外に押し出されたとして、ヒュルケンベルグがマグヌッセンを猛批判。ヒュルケンベルグはマグヌッセンがレース後に母国語インタビューに応じていた際に”乱入”し、TVカメラの前で両者が言い争いをしたのだ。

 ヒュルケンベルグがマグヌッセンのことを”グリッド上で最もスポーツマンらしくないドライバー”だと非難すると、マグヌッセンは放送禁止用語を使って彼にやり返した。

Read Also:

 動画ストリーミングサービス『Netflix』が2018年シーズンの内側を映したドキュメンタリー『Drive to Survive』でも、ヒュルケンベルグとマグヌッセンの”敵対関係”は取り上げられていた。

 しかしシュタイナーは、ドライバーの関係性については心配していないと語った。

「そういう”歴史”がなくても、我々のドライバーはお互いにぶつかり合っているからね!」

「我々は管理できると思う。それについては考えていない。彼らのことではなく、チームのことを考えるんだ。我々はみんな大人であり、これはビジネスなんだ」

「一緒に仕事をしたくない同僚というのはいるものだ。それがビジネスであり、そうした問題に対して現実的である必要がある。しかし、それは我々がやることに影響を与えるものではない。それは彼らの問題であって、我々の問題じゃないんだ」

 ヒュルケンベルグは、マグヌッセンのパートナーになることを喜んで受け入れると述べ、チームメイトが友達である必要はないと示唆した。

「僕はそうなるのを見てみたい」と、彼は笑顔で話した。

「正直に言って、チームメイトはチームメイトなんだ。それを受け入れる必要がある。仲良くなることはあるけど、そうする必要はない。分からないけど、その方が良いのかもしれない。僕にとって、それ(マグヌッセンの存在)が契約の妨げになるとは思わない」

 マグヌッセンもまた、ヒュルケンベルグとの関係には問題がないと考えており、トラック上で衝突したのは1度だけだと強調した。

「あの件(2017年ハンガリーGP)は大々的に脚色されたし、本当に飽き飽きしているんだ」

「僕とニコが接触したのは、2年前のハンガリーでのインシデントの1度だけなんだ。それがまだ話題に上がるなんて信じられないよ」

「僕が言いたいのは、トラック外でも友人関係のドライバーは多くないってことだ。ドライバーズパレードで会った時には挨拶くらいはするけど、それでお互いに問題はない」

 マグヌッセンは、現在のチームメイトであるグロージャンに限らず、チームメイトには競争力のあるドライバーを歓迎すると語った。

「言うまでもないけど、これまでのところ(来季ドライバーの)発表はない」

「でも、僕はどっちに転んでも満足だ。今のチームメイトに満足しているし、本当に誰が来ても問題ない」

「中団チームにいる時は、強いチームメイトが必要だと思う。強力で評価の高いドライバーだ。なぜなら、(そのドライバーを倒すことが)自分自身の力を示す唯一の方法だからね」

「レースに勝てず、チャンピオンシップも争うことができなければ、自分にできることを示すために強力なチームメイトが必要だ。ベンチマークがなければそれを証明することは難しい。でも僕はすでにそれがあると思っているから、文句はないんだ」

Read Also:

次の記事
ベルギーGPでノリス代役に“アロンソ”もありえた……マクラーレン代表が認める

前の記事

ベルギーGPでノリス代役に“アロンソ”もありえた……マクラーレン代表が認める

次の記事

ライコネン代役“待ちぼうけ”のエリクソン、インディカー欠場は「理想的ではない」

ライコネン代役“待ちぼうけ”のエリクソン、インディカー欠場は「理想的ではない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン , ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ハースF1チーム
執筆者 Adam Cooper