ハース、ハンガリーGP後のインシーズンテスト欠席「データ分析を優先」

シェア
コメント
ハース、ハンガリーGP後のインシーズンテスト欠席「データ分析を優先」
執筆: James Roberts
翻訳:: 松本 和己
2018/07/20 0:42

ハースは、ファクトリーでのデータ分析を行うため、来週末のハンガリーGP後に行われる2日間のインシーズンテストに参加しないことを明らかにした。

Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Guenther Steiner, Team Principal, Haas F1 Team
Romain Grosjean, Haas F1 Team, talks to the media
Haas F1 Team VF-18 nose and front wing
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18

 ハースF1チームは、来週末に開催されるハンガリーGP後に行われる、2日間のインシーズンテストに参加しないことを明らかにした。

 今シーズン最後のインシーズンテストは、ハンガリーGPを終えた後のハンガロリンクで、7月31日(火)と8月1日(水)に行われる予定だ。

 しかしハースはテストでの走行を控えて、2週間のファクトリー完全閉鎖を含めた夏休みを前に、拠点でデータ分析を行うことに決めたようだ。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、この決定の要因のひとつとして、6週間で5レースが行われるという今季の日程を挙げた。

「ハンガリーでのテストに参加する代わりに、ハースは最近シルバーストンで行ったピレリタイヤテストや過去のグランプリ、シミュレーター作業などのデータを分析するために時間を利用する」とシュタイナーは語った。

「我々のドライバーが集めたデータの中から、我々のマシンをドライブする彼らのスタイルに直接適用できるものは何なのかを調べる。6週間で5回のレースが行われるため、ファクトリーで時間を過ごすのがベストだと判断した」

 motorsport.comの調べによると、ハンガリーでのテストに参加しないという決定は先月に下されており、ハースの開発ドライバーであるサンティノ・フェルッチがF2シルバーストンで起こした事件とは無関係のようだ。

 フェルッチはトライデントからF2に参戦しているが、シルバーストンで行われた2度のレースでチームメイトのアルジュン・マイニと接触。フェルッチはレース後のクールダウンラップで故意にマイニのマシンに体当たりし、4レースの出場停止処分を科された。またパドック内をグローブを外して走行したり、チームとの間でスポンサー料の未払いトラブルがあったこともあって、フェルッチはチームから解雇された。

 今年はインシーズンテストが計4日間予定されており、F1参戦経験が3戦以上あるドライバーは、そのうち最大でも2日間しか走行できない。ハースは、5月のバルセロナで行われたテストでレースドライバーのロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンを走らせていた。

次の F1 ニュース
ハミルトン、ついに契約更新。メルセデスと新しく2年契約を締結

前の記事

ハミルトン、ついに契約更新。メルセデスと新しく2年契約を締結

次の記事

ルノー、”最後の大型アップデート”が明らかに。新フロントウイング導入

ルノー、”最後の大型アップデート”が明らかに。新フロントウイング導入
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 James Roberts
記事タイプ 速報ニュース