F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
23 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
37 days

ハースF1、リッチエナジーとのタイトルスポンサー契約の”友好的な”解消を発表

シェア
コメント
ハースF1、リッチエナジーとのタイトルスポンサー契約の”友好的な”解消を発表
執筆:
2019/09/10 0:07

ハースF1チームとリッチ・エナジーのタイトルスポンサー契約が終了することが決まった。

 ハースF1チームは、リッチエナジーとのタイトルスポンサー契約を解消することを発表した。

 リッチエナジーは今季からハースF1チームのタイトルスポンサーとなり、マシンは黒とゴールドのカラーリングに一新されることになった。しかし7月、リッチエナジーの当時のCEOであるウイリアム・ストレイは「パフォーマンスが悪い」として、ハースとの契約を「終了」することを発表した。

 ただこの契約は、リッチエナジーの株主によって保持されることになり、同社の主導権争いへと発展。ストレイCEOは同社を離れ、社名も「ライトニングボルト」に改められた。ハースのマシンに入れられた”リッチエナジー”のロゴは、そのまま残されることになった。

 ただチーム代表のギュンター・シュタイナーは8月下旬、リッチエナジーがシンガポールGPまでに契約についての決断を下すと発言。そして最終的には両者の契約は”友好的に”終了することになったと確認された。

 なお契約が終了しても、ハースの黒と金のカラーリングは、リッチエナジーのロゴを外すのみで維持されることになるようだ。

「ハースF1チームとリッチエナジーは、FIA F1世界選手権でのパートナーシップを、直ちに終了することに友好的に合意した」

 ハースF1チームはそう声明を発表した。

「2019年のハースF1チームとのタイトルパートナーシップを通じて、ブランドの認知と大きな意味のある露出を享受しながらも、リッチエナジーの企業再編プロセスにおいては、改訂されたグローバル戦略が必要であることが示された」

「その後、ハースF1チームとリッチエナジーは、既存のパートナーシップを終了することが、両者にとって最善の形であると結論づけた」

「ハースF1チームは、リッチエナジーの利害関係者に対して、感謝とご多幸を願っている」

Read Also:

次の記事
ハミルトン、敗北理由は“タイトル争い”? ルクレールとのクラッシュ避ける

前の記事

ハミルトン、敗北理由は“タイトル争い”? ルクレールとのクラッシュ避ける

次の記事

F2事故にビルヌーブがシミュレーターの影響を指摘も……ノリスが果敢に反論

F2事故にビルヌーブがシミュレーターの影響を指摘も……ノリスが果敢に反論
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy