ハース、マゼピンの動画問題は「深刻に受け止めている」と強調も”プライバシー尊重”をお願い

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ニキータ・マゼピンの不適切動画投稿の問題を非常に深刻に受けてとめていると語った一方、問題の対処に関してはプライバシーの尊重を求めている。

シェア
コメント
ハース、マゼピンの動画問題は「深刻に受け止めている」と強調も”プライバシー尊重”をお願い

 今週初め、2021年のハースF1チームドライバーとなる予定のニキータ・マゼピンが不適切な動画をSNSに投稿し、問題となった。この動画はすぐに削除されたものの、キャプチャーされSNSで拡散された。

 これに対し、ハースとマゼピンは声明を発表。マゼピンは自身の行動について謝罪したが、ハースはマゼピンの行動を『abhorrent』(忌まわしい、嫌悪すべき)という強い言葉を使って非難した。

Read Also:

 2020年シーズンのF1最終戦アブダビGPを前にした木曜日(12月10日)、ハースのギュンター・シュタイナー代表は、チームがこの問題を非常に深刻に受け止めていると強調した。

「我々が出した声明で分かるように、我々はそれを非常に深刻に受け止めている」

 シュタイナーはmotorsport.comのインタビューにそう答えた。

「私はただそれを強調したい。我々はそれに対処するんだ」

「何をどうするのか、詳細を明かすつもりはない。しかし我々はそれを深刻に受け止め、問題を解決するために努力する。これ以上言うことはない」

 先週末のバーレーンで行なわれたF2最終戦では、マゼピンはふたつのインシデントでペナルティを受け、計10秒のタイム加算が科された。また、ペナルティポイントは11ポイントまで積み重なり、出走禁止処分を受けるまであと1ポイントまで迫っていた。

 他にもマゼピンは問題行動を起こしている。2016年のヨーロッパF3選手権では、カラム・アイロットを殴って出走禁止処分を受けており、アイロットの顎には傷が残っている。

 マゼピンの全体的な行動についても、ハースがマゼピンと話す必要があるのかと訊かれ、シュタイナーは次のように語った。

「それもその一部だ。個人的に彼と話をすることになるだろう」

「ただ、我々がどのような行動をとっているのか、公にはしたくない。これ以上のコメントはしたくないと思っている」

「我々は真剣にそれに対処するので、プライバシーを尊重してほしいとお願いすることになるだろう」

 F1とFIAも木曜日(12月10日)に、マゼピンの行動を非難するハースを支持する共同声明を発表。「スポーツの倫理原則と多様で包括的な文化は、FIAとF1にとって最も重要だ」としている。

 マゼピンは来週アブダビで行われる若手ドライバーテストに参加する予定で、2021年にハースからF1デビューを果たすための準備をしている。

Read Also:

レッドブル重鎮から初優勝の祝福を受けたペレス「1勝で人生が変わるわけじゃないけど」

前の記事

レッドブル重鎮から初優勝の祝福を受けたペレス「1勝で人生が変わるわけじゃないけど」

次の記事

リカルド、グロージャンの大クラッシュ映像めぐりF1側と話し合い。“生産的”と評価

リカルド、グロージャンの大クラッシュ映像めぐりF1側と話し合い。“生産的”と評価
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニキータ マゼピン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Luke Smith