ハースF1、2022年新マシン『VF-22』のカラーリングを2月4日に発表へ

ハースF1チームは、2月4日に2022年のF1マシンのカラーリングを発表すると明らかにした。

ハースF1、2022年新マシン『VF-22』のカラーリングを2月4日に発表へ
Listen to this article

 ハースF1チームは、2月4日(金)に2022年型のF1マシン『VF-22』のカラーリングを発表すると予告した。

 既に多くのチームが新車発表日を明らかにして来たが、ハースとウイリアムズはその日程が明らかとなっていないチームとなっていた。しかし2月3日にハースはTwitterを通じて新車『VF-22』のカラーリング発表を、2月4日世界標準時11時(日本時間20時)に行なうと発表した。

 ハースは2021年シーズンから、新たなタイトルスポンサーにウラルカリが就任。赤・白・青からなるカラーリングが採用されてきた。

 2022年もドライバーラインアップは継続。ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンの組み合わせで、大きくレギュレーションの変わる新シーズンに挑む。

 彼らは2022年のテクニカルレギュレーション変更に向けて全力を注ぐため、2021年はマシン開発を行なわないという選択肢を選んだ。そのため昨年は大きく苦戦しノーポイント、コンストラクターズランキング最下位でシーズンを終えることとなった。

 なおハース代表のギュンター・シュタイナーは、2021年シーズン終了時にmotorsport.comに対して、次のように2022年に向けた期待を語っていた。

「現在のレギュレーションが続いていたなら、我々が追いつくのは非常に難しかっただろう」

「(2022年は)少なくとも、ほとんど同じ土俵でスタートすることができる」

「ビッグチームは予算制限が始まっても、これまでに築いてきたリソースから勢いを保てることはあるかもしれない。しかし様々なことが少しずつ平等になっていて、少なくとも最初に少し差をつけられたとしても、同じ位置からスタートできるなら、追いつくチャンスがある」

「たとえ後れているとしても、多少の後れだ。開発で1年間後れているわけではない。それがアドバンテージになるはずだと私は思っている。うまくいけば、我々はまともな形でスタートできるだろう。そして、それを基に積み重ねていくんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
2022年F1”空力コンセプト”の大変更が、パワーユニット開発凍結の影響を隠す?
前の記事

2022年F1”空力コンセプト”の大変更が、パワーユニット開発凍結の影響を隠す?

次の記事

アストンマーチンF1、サウジアラビアの石油企業アラムコとパートナー契約締結を発表

アストンマーチンF1、サウジアラビアの石油企業アラムコとパートナー契約締結を発表