F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

ハースF1、アップグレードの実施は1台ずつ。苦戦の原因を探る

シェア
コメント
ハースF1、アップグレードの実施は1台ずつ。苦戦の原因を探る
執筆:
2019/05/10 3:41

ハースF1は、タイヤの苦戦をどう解決するかの答えを見出すために、スペインGPではロマン・グロージャンのマシンのみにアップデートを行うようだ。

 ハースF1チームは今シーズン、タイヤを適切に作動する温度に暖めることができず苦戦しており、特にレースにおいて痛手を被ってしまっている。

 しかし、何が問題なのかは理解されていても、まだ解決策はできていないと、チーム代表のギュンター・シュタイナーは語った。

 ハースはヨーロッパラウンドの初戦、スペインGPでメジャーアップデートされたパッケージを持ち込む。シュタイナーは初日(金曜日)はケビン・マグヌッセンのマシンを古いパッケージのままにすることで、新しいパッケージが“タイヤの問題”に影響を与えて混乱しないようにすることを決定したと話している。

「我々が明日(金曜日)にするのは、ひとつのマシンを“旧スペック”で、そしてもうひとつを“新スペック”で走らせることだ。そうすることで比較することができる」と、シュタイナーは語る。

「もし新たなスペックで問題があっても、少なくとも我々は比べることができる。2台のマシンに新スペックを導入して、問題があった場合、自信を持ってタイヤと新スペックのマシンのどちらが原因だと言えるだろうか? だから我々は片方ずつ試すんだ。全てが計画通りに進んだなら、金曜の夜に2台目のマシンを(新しいスペックに)変えることができる」

「我々は全てのパーツを手に入れている。タイヤの問題とこれ以上混乱させたくはないんだ」

 ハースはバルセロナでフロア、フロントウイング、バージボードそしてミラーをアップデートする。

 シュタイナーは、ハースが直面しているタイヤの問題への理解は進んでいるものの、未だ解決策が見つかっていない事を明かしている。

「私が思うに、我々は必要なものは理解しているが、そこへの辿り着き方は分かっていないということだ」

 シュタイナーはそう語る。

「言ってしまえば簡単なんだ」

「タイヤ温度をウインドウに入れる必要があるだけだ。とても単純に聞こえるだろう。だから君達は『何故それをしないんだ?』と訊くことができる。その“答え”は、我々がタイヤに熱を加える方法を分かっていないからだということだ。それは我々だけではないと思うが、恐らく他のチームよりも影響を受けているのは、私も認める所だ」

 スペインGPの舞台となる、カタルニア・サーキットは前戦アゼルバイジャンGPのバクー市街地サーキットよりもタイヤに高い負荷がかかるコーナーが特徴であり、シュタイナーは少なくともバクーと同じような悪いことにはならないと期待している。

「より悪くなることはない」と、シュタイナーは説明している。

「バクーは最悪だったと思う。そしてここバルセロナは4戦を終えて、大体は自信を失っている場所だ」

「ここ(バルセロナ)では我々は大丈夫なはずだ。テストではOKだったんだ。オーストラリアでも大丈夫で、そして今我々が後退するようだと、それは何かが起こっているということだ」

次の記事
“マンホール問題”で破損のラッセル車のシャシー、修復されスペインGPで使用へ

前の記事

“マンホール問題”で破損のラッセル車のシャシー、修復されスペインGPで使用へ

次の記事

F1メカ解説|第5戦スペインGPピットレーン直送便:アップデート多数!

F1メカ解説|第5戦スペインGPピットレーン直送便:アップデート多数!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble