グロージャン、ごめんね……ハース、”さよならテスト”で使える旧型マシンがないと明かす

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、チームには旧型マシンが用意できないため、ロマン・グロージャンのために”さよなら”プライベートテストを実施できないと語った。

グロージャン、ごめんね……ハース、”さよならテスト”で使える旧型マシンがないと明かす

 ハースのロマン・グロージャンは、第15戦バーレーンGPの激しいクラッシュで手に火傷を負ったことで、2020年シーズン最後の2レースの欠場を余儀なくされた。

 今季限りでハースを離れることが決まっており、来季の去就も未定であるグロージャンにとって、バーレーンGPがF1最後のレースになってしまう可能性も高い。そのためグロージャンは、最終戦アブダビGPに出られなかった場合、大きなクラッシュがF1での最後の思い出にならないように、ケガから回復したらプライベートテストでF1マシンを走らせたいとコメントしていた。

Read Also:

 F1では2年以上前の旧型マシンであればプライベートテストの実施が許可されており、来年初頭から2019年仕様のマシンをテストで使用できる。

 しかし、グロージャンは5シーズンを過ごしたハースでテストを行なうことは現状ではできないようだ。

「残念ながらパワーユニット(PU)がなくて、旧型マシンが用意できないんだ」

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、motorsport.comにそう語った。

「我々は古いマシンをたくさん持っているが、エンジンが載っていない。だから残念ながらテストを行なうことができないんだ」

「もしかしたら、今後何かを手に入れることができるかもしれない。しかし現時点では、その約束はできない」

 すでにメルセデスは、他のチームがグロージャンの要望に応えられなかった場合、旧型マシンでのプライベートテストを手配することも厭わないとしている。

 シュタイナーは、ハースのマシンでテストをするためにフェラーリからPUを供給してもらうのではなく、将来的にイベントなどでグロージャンがフェラーリのマシンをドライブできるようになることを望んでいる。

「フェラーリがイベントか何かを行なう時に、彼に旧型マシンを運転させることができるよう、フェラーリに話をする方が可能性が高い」

「それは確かに可能だ。我々がクルマを用意するよりも簡単な解決策だと思う。今のところ、我々にはそのようなリソースがないんだ」

「でももし彼が完全に怪我を治してから、何かやりたいと言うのであれば、彼が何をしたいのか、何が出来るのかを見てみよう」

「そして、彼にとってF1マシンでの最後の日を楽しく過ごせるかどうかを決めるんだ」

 グロージャンは今週に入って自宅のあるスイスに戻り、火傷の治療を続けている。彼は12月11日(金)、3人の子どもたちがデザインしたスペシャルヘルメットで、アブダビGPを走る意向だったと明かした。

 インスタグラムにヘルメットの画像を投稿したグロージャンは「これは僕が想像しうる中で最も美しいヘルメットだ」と綴った。

「これはアブダビでの僕の最後のF1レースのために、サッシャ、シモン、カミーユが作ってくれたものだ」

「未使用のまま家に飾っておくのはあまりにも美しすぎるので、今度これを使ってみようと思うよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ペレス、PU交換でグリッド降格ペナルティ。前戦同様最後方からの追い上げなるか?

前の記事

ペレス、PU交換でグリッド降格ペナルティ。前戦同様最後方からの追い上げなるか?

次の記事

ペナルティ抱えるルクレール、1周目のアタックは止めず「次は”もっと良い”戦いをしたい」

ペナルティ抱えるルクレール、1周目のアタックは止めず「次は”もっと良い”戦いをしたい」
コメントを読み込む