F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

ハミルトン、2021年レギュレーションの完成延期を支持「まだ修正が必要」

シェア
コメント
ハミルトン、2021年レギュレーションの完成延期を支持「まだ修正が必要」
執筆:
2019/06/25 3:43

ルイス・ハミルトンは、2021年のレギュレーションについて話し合うF1、FIA、F1チームによる会合に出席。まだ修正が必要だと感じたため、決定が10月に延期されたのは妥当なことだったと語る。

 F1は2021年からレギュレーションを大きく変更することを目指している。この議論は2018年の4月に始まったが、今も詳細はまとまらず、最近パリで行われた会合で、10月までレギュレーションの完成を遅らせることが決められた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンとルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、そしてグランプリ・ドライバーズ・アソシエイションの代表であるアレックス・ヴルツは、ドライバーの代表としてこの会議に出席した。

Read Also:

 この会議に出席することで、何を得られると期待していたのか、そしてその内容は彼自身を励ますことになったのか……そう尋ねられたハミルトンは、motorsport.comに対して次のように語った。

「彼らが、僕らドライバーがそこにいることを許してくれた。それは励みになった」

 そう語るハミルトン。しかし彼は、レギュレーション完成までには、まだまだ修正すべき部分が多いと語るが、F1が直面している状況については批判的だった。

「毎回、2〜3人のドライバーが、そこに参加できることを願っている」

「彼らはルールを作り上げる期限を延長した。それは、彼らが必要としていることだと思う。なぜなら僕の考えでは、今の彼らは必要とされるところにはまだ近付いていないからだ。すでに2021年に向けて作り上げられたモノには、大きな変更を加える必要があると思う」

 ハミルトン曰く、今回会議に出席したのは、GPDAの旗の下にドライバーたちが団結したからだという。ただ、まだそのドアの中に入っただけであり、規則変更の過程の一部に加わっただけの段階であるという。

「長年にわたって、彼ら(F1やFIA)はその部屋に僕たちがいることを望んだことはなかった」

「彼らはエンジニアであり、決断を下す立場にいる人たちだ。でも僕らは”ただの”ドライバーなんだ」

「でも、マシンのフィーリングを知っているのは僕ら(ドライバー)だけだ。ポジティブな評価とネガティブな評価がある。それは、彼らが決断するのを助けることができる」

「その背景にある事実、そしてそれにどんな効果があるのかを知らずに、ルールを変更するべきではない。だからそのガイドになるため、そしてその舵の一部になるために、僕らはそこに加わろうとしているんだ」

「彼らがアイデアを思いついた場合、僕らは『実際にはマシンの中で、ひどいと感じるだろう』などと言うことができる」

 ハミルトンは、現在話し合われている中でのポジティブな部分は、マシン同士が接近戦を演じられるエアロパッケージの導入を、各関係者が約束していることだという。一方でマシンは重いと語り、2021年世代のマシンはより軽くして、2000年代初頭の速さを取り戻すべきだと考えている。

「F1はF1であり続ける必要がある。それはモータースポーツの頂点で、世界最速のクルマだということだ」

 そうハミルトンは主張する。

「我々もそれを形作る一部として機能し、本当に素晴らしい変更を加えることができることを願っている」

「それだけではない。週末のフォーマットも、ファンのために少し変更しなければいけない。ファンにどう関わってもらって、どうやってサーキットに来てもらうかということのためにもね」

 ヒュルケンベルグも、2021年の空力レギュレーションの変更は心強いモノであるという、ハミルトンの意見に同意した。

「マシンは速く、それは素晴らしいことだ。問題は、前を行くマシンに近付くことができないということなんだ」

 そうヒュルケンベルグは語った。

「しかしうまくいけば、2021年レギュレーションではそれにうまく対処されるだろうと思う」

「エアロ面が最も重要だと僕は信じている。でもこれは修正され、正しい方向に調整されることになるだろう」

Read Also:

次の記事
使い古したタイヤで最速ラップを目指したハミルトン「諦めてはいけない」

前の記事

使い古したタイヤで最速ラップを目指したハミルトン「諦めてはいけない」

次の記事

初の最下位フィニッシュとなったラッセル「クビサの動きは危険だった」

初の最下位フィニッシュとなったラッセル「クビサの動きは危険だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell