F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

新世代よ……“絶対王者”ハミルトンを超えてゆけ! F1の未来は明るい!?

シェア
コメント
新世代よ……“絶対王者”ハミルトンを超えてゆけ! F1の未来は明るい!?
執筆:
2019/12/19 10:16

F1のCEOであるチェイス・キャリーは、ルイス・ハミルトンという王者が引退しても、“新世代”がF1を牽引していくだろうと話した。

 F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が引退した場合でも、新世代のドライバーがF1を牽引していくだろうという見方を示した。

Read Also:

 ハミルトンは2019年のF1でタイトルを獲得し、ミハエル・シューマッハーのタイトル獲得記録(7回)にあとひとつまで迫った。彼は2013年にメルセデスへ加入し、以後の7年で5回のタイトルを獲得するなど、現在のF1における頂点に君臨している。

 そのハミルトンは、契約の切れる2020年以降に結ぶ“次の”契約が最後のものになると考えられている。

 ハミルトンが引退した場合、F1はその大きすぎる穴をどう埋め合わせるのか、それをキャリーCEO、そしてジャン・トッド(FIA会長)に訊くと、彼らは新世代ドライバーの質を見れば、F1の将来は明るいと答えた。

「まず最初に言っておくが、私はルイスにずっとレースをしていてほしいと思っているよ! 彼は言うまでもなく最高のチャンピオンなんだ。彼の功績がそれを物語っているし、F1の歴史は彼のような“ヒーロー”によって築かれてきたんだ」

 キャリーCEOはそう語る。

「彼はこのスポーツで天下一品だ。もう一度言っておくと、我々は彼がずっとレースをすることを望んでいるんだ。おそらく彼はそうはしないだろうがね!」

「だが彼もまだ挑戦しがいのあるものをいくつか抱えていると思うし、我々としてはそこに挑む姿を見たいところだ」

 そしてトッド会長は、ハミルトンが引退した後もF1は新たなスター探しに困ることは無いと言い、その根拠にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)やシャルル・ルクレール(フェラーリ)を挙げた。

「ルイスのような才能に溢れ、魅力あるドライバーがいることは素晴らしい」と、トッド会長は話す。

「だがそれはモータースポーツの歴史の一部で、10年に1度の特別な才能というものは出てくるものだ。ルイスの前はミハエルだった。(ファン・マヌエル)ファンジオに始まり(ジム)クラーク、(ジャッキー)スチュワートと言ったようにね」

「常にいくつかの驚くべき才能というものはあり、いつかルイスは去り、新たな才能が認められていくだろう」

「フェルスタッペン、そしてルクレールといった新顔……そして(ランド)ノリス、(ジョージ)ラッセルや(ピエール)ガスリー、彼らも非常に才能あるドライバーだ。彼らが新世代のルイス・ハミルトンになるだろう」

 キャリーCEOはこうしたトッド会長の見解に同意し、F1に到達した若い才能は素晴らしいと称賛する。

「彼らには信じられないほどの素晴らしい未来がある」と、キャリーCEOは言う。

「彼らがルイスと戦うチャンスを得られることを願っている」

「我々がこの世界に来た時、GP2、F3、GP3といった風に、F1への道は調整されていないバラバラのものだった。我々はより良いピラミッド構造を作ろうとしたんだ」

「そして、このピラミッド構造を強化することで、若手ドライバーがF1に到達し、チャンピオンとなるための機会を提供していきたいと思っている」

Read Also:

次の記事
「僕たちは決して満足しない」フェルスタッペン、ホンダの“ハードワーク”を絶賛

前の記事

「僕たちは決して満足しない」フェルスタッペン、ホンダの“ハードワーク”を絶賛

次の記事

未来のF1チャンピオンは俺だッ! 注目の若手海外ドライバー10選

未来のF1チャンピオンは俺だッ! 注目の若手海外ドライバー10選
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
執筆者 Scott Mitchell