チーム代表が選ぶ今季のF1ドライバートップ10。ハミルトンが1位に

シェア
コメント
チーム代表が選ぶ今季のF1ドライバートップ10。ハミルトンが1位に
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/12/06 3:42

F1チームの各代表が選んだ今季のトップ10ドライバーが発表され、王者に輝いたルイス・ハミルトンが、各チーム代表から最も支持されたドライバーとなった。

 英国のオートスポーツ誌では毎年、各チーム代表が選ぶ今季のトップ10ドライバーを発表する企画を実施している。この企画は、マシンの性能差を排し、純粋なドライバーのパフォーマンスを測る上で、非常に貴重な企画と言えるだろう。

 今年もこの投票が行われ、トト・ウルフ(メルセデス)、クリスチャン・ホーナー(レッドブル)、シリル・アビテブール(ルノー)、ギュンター・シュタイナー(ハース)、ザク・ブラウン(マクラーレン)、オットマー・サウナウアー(フォースインディア)、フレデリック・バスール(ザウバー)、フランツ・トスト(トロロッソ)、クレア・ウイリアムズ(ウイリアムズ)ら9人のチーム代表者がこの企画に参加。フェラーリのマウリツィオ・アリバベーネのみが参加しなかった。

 投票は無記名で行われ、F1のポイントシステムと同様、それぞれのチーム代表者が25-18-15-12-10-8-6-4-2-1ポイントをいずれかのドライバーに付与するという形で行われた。

 9人のチーム代表のうち、8人が1位としたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。今季のF1世界チャンピオンだ。実際にチャンピオンに輝いていることからも、その結果は驚くべきことではないだろう。彼の合計獲得ポイントは218。ひとりのチーム代表だけが、ハミルトンを2位にランクしたことになる。

 実際のドライバーズランキングで2位だったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルだったが、チーム代表たちはレッドブルの新鋭、マックス・フェルスタッペンを2位に推した。フェルスタッペンは139ポイントを獲得。一方のベッテルは、105ポイント獲得で3位だった。

 4位にランキングされたのは、今季限りでF1を退いたフェルナンド・アロンソで、ベッテルにわずか2ポイントまで迫る103ポイントを獲得した。非力なマクラーレンのマシンで、実際に50ポイント獲得したその手腕が評価されたのだろう。

 今季2勝を挙げたダニエル・リカルド(レッドブル)が5位。デビュー初年度ながら大活躍し、来季はフェラーリのドライバーに大抜擢されることになったシャルル・ルクレール(ザウバー)が71ポイントで6位だった。

 アメリカGPで久々の勝利を挙げたキミ・ライコネン(フェラーリ)が7位、王者となったチームメイトを支えた面もあり、今季を未勝利で終えたバルテリ・ボッタス(メルセデス)は8位だった。

 フォースインディアのエステバン・オコンは、昨年は非常に高い評価を受け、5位に支持されていたものの、今年はランキングを4つ落として9位となった。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが10位になった。

F1チーム代表が選ぶ、トップ10ドライバー

順位 ドライバー チーム ポイント 前年比
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 218 ±0
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル 139 ±0
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 105 ±0
4 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 103 +2
5 ダニエル・リカルド レッドブル 85 -1
6 シャルル・ルクレール ザウバー 71 新規
7 キミ・ライコネン フェラーリ 57 ±0
8 バルテリ・ボッタス メルセデス 38 +2
9 エステバン・オコン フォースインディア 27 -4
10 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 23 -1
次の記事
ハッキネン「今は、僕の現役時より大変。日本人ウイナーを出すには、やることがたくさんある」

前の記事

ハッキネン「今は、僕の現役時より大変。日本人ウイナーを出すには、やることがたくさんある」

次の記事

新生F3とF2の2019年カレンダー発表。F3はロシアで閉幕、マカオGPに対応?

新生F3とF2の2019年カレンダー発表。F3はロシアで閉幕、マカオGPに対応?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble