F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

今のF1は”退屈”? ハミルトン「それはドライバーのせいじゃない」と主張

シェア
コメント
今のF1は”退屈”? ハミルトン「それはドライバーのせいじゃない」と主張
執筆:
2019/06/24 9:08

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1のレースで多くのアクションが見られないのは、ドライバーのせいではなく、ルールを整える人々に責任があると語った。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1フランスGPで優勝。これでシーズン6勝目となり、メルセデスは開幕からの連勝記録を8まで伸ばした。

 ハミルトンは、現在のF1のレースが”退屈”だと認識されている理由を理解していると語る。しかしその一方で、ドライバーたちを批判するのは間違っていると語った。

「僕らがルールを書くわけじゃない」

 そうハミルトンは語った。

「僕らには、お金の流れやそれに類するモノについてできることは何もない。組織のトップにいる人たち、その仕事をすべき人たちにプレッシャーをかけるべきだ」

「彼らもそれに対処しようとしていると思う。でも長年にわたって、彼らは誤った決断をしてきた」

 ハミルトン曰く、たとえライバルに勝つことができない状況になったとしても、成功を収めたと感じることができるという。

 カナダGPでハミルトンは、激戦を繰り広げたライバルであるフェラーリのセバスチャン・ベッテルに5秒のタイム加算ペナルティが科せられたため、勝利を手にすることができた。パフォーマンスではベッテルに負けたとも言えるハミルトン……しかしベッテルとの戦いを楽しんだとハミルトンは語る。

「カナダみたいなレースは、一般的に人々が楽しんでくれるレースだ。でも今回(フランスGP)のようなレースは、楽しめないかもしれない」

「それがドライバーのせいじゃないと気付いてもらうことは、皆さんにとって重要だと思う。これはF1においてはずっとそうだ。僕がデビューする前からね」

「これはバーニー(エクレストン/F1の元CEO)が作り上げ、当時の彼らがした決定の方向性によるものだ。今もまだそれは同じだ。ルールを作り上げる構造は、僕の意見では変わらないだろう」

「それをするのは、僕の仕事じゃない。僕の仕事はここに来て、ドライバーとしてできる限りのことをすることだ」

From the editor, also read:

 とはいえハミルトンは、レースの見栄えを良くするために、人為的な対策をすべきではないとも考えているようだ。

 先日フランスのパリで行われた、2021年のレギュレーションに関するFIAの会合に、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグやGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエイション)代表のアレックス・ヴルツらとともにハミルトンも出席した。

「劇的に変わると確信しているだろうか? 少なくとも、良くなるとは確信している」

 そうハミルトンは語った。

「先週パリに行って、参加した時点ではね」

「僕はそのミーティングに行き、F1やFIA、そして各チームの代表が参加していた。僕がそこにいても、後押しできるようなことは何もない」

「彼らは全ての決断をしてきた。そこにドライバーが影響を及ぼしたことは一度もない。もしその決定的なポイントになったり、変化するのを手助けしてファンにより良いレースをお見せすることができるのであれば、その一部分であることをとても誇りに思うだろう」

Read Also:

次の記事
4位入賞のフェルスタッペン「マシンからできる限りを引き出した」

前の記事

4位入賞のフェルスタッペン「マシンからできる限りを引き出した」

次の記事

マクラーレン、アロンソのF1再登板は予定なし「将来的には他のプロジェクトで……」

マクラーレン、アロンソのF1再登板は予定なし「将来的には他のプロジェクトで……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell