ハミルトン、”相棒”ボッタスのパフォーマンスを改めて称える「彼は自己弁護する必要はない」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、チームメイトのバルテリ・ボッタスが2020年のパフォーマンスを自己弁護する必要はないと語った。

ハミルトン、”相棒”ボッタスのパフォーマンスを改めて称える「彼は自己弁護する必要はない」

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2020年シーズンのF1を自身2度目のランキング2位で終えたものの、チームメイトであるルイス・ハミルトンのチャンピオン獲得を脅かすことはできなかった。

 ハミルトンは11勝を挙げて7度目のタイトルを獲得。一方のボッタスは2勝に留まり、ポイント差は124ポイントまで広がった。

Read Also:

 2017年からコンビを組んでいるボッタスについて、ハミルトンはシーズンを通じて2020年のボッタスの強みを度々語ってきた。ボッタスの活躍にどれだけ感銘を受けたか訊かれたハミルトンは「バルテリについて、あとどんな褒め言葉が残っているか分からないよ」と、motorsport.comに話した。

「バルテリは自分のパフォーマンスを弁護する必要はないと思うし、僕がそうする必要もないと思う」

「彼は取り組みを続けてきたと思うし、特に今シーズンは予選でとても僅差だった」

「前にも言ったけど、強力なチームメイトを持つことは簡単なことじゃない。精神的にも感情的にも、1年を通してコンスタントに戦い続けることになるからだ」

「僕たちに関して素晴らしいと思うところは、トラックの中では激しく競い合いながらも、トラックの外では紳士的な関係を維持しているということだ。それは、彼の人間としてのパーソナリティーやキャラクターが大きく影響している」

「来季は彼がもっとステップアップしてくるはずなので、僕も2021年に向けてどうやってもっとスピードを引き上げていくかを考えなければならないよ」

 ボッタスは2020年シーズンに5度ポールポジションを獲得したが、それを勝利に結びつけることが出来たのは開幕戦オーストラリアGPのみだった。

 ボッタスはランキング2位でシーズンを終えたことに「あまり満足できるものではない」と認め、FIAの授賞式で自身の1年について「少し複雑」だったと語った。

「もちろん、結果という点では目標を達成できなかった」

「でも今、全体像を見てみると、ポジティブなことがたくさんあった。ドライビングや自分自身について学んだことがたくさんあるんだ」

「それらすべてが来年に持ち越せるモノであり、それを強みに変えてまたチャレンジすることができるんだ」

Read Also:

シェア
コメント
家族や友人に会いたい……F1ドライバーたちはコロナ禍のオフシーズンをどう過ごす?

前の記事

家族や友人に会いたい……F1ドライバーたちはコロナ禍のオフシーズンをどう過ごす?

次の記事

2021年から世界選手権に……F1の”レベル”に近づくフォーミュラE

2021年から世界選手権に……F1の”レベル”に近づくフォーミュラE
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith