お手上げハミルトン、フェルスタッペン相手に激しいディフェンスをするのは「無意味だった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第7戦フランスGPのレース最終盤でタイトル争いをするレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに抜かれた際、「必要以上の抵抗は無意味だった」と振り返った。

お手上げハミルトン、フェルスタッペン相手に激しいディフェンスをするのは「無意味だった」

 F1第7戦フランスGPで優勝争いを繰り広げたメルセデスのルイス・ハミルトンは、異なる戦略を取ったライバル、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに残り2周で抜かれた際、「必要以上の抵抗は無意味だった」と語った。

Read Also:

 53周で争われたポール・リカール・サーキットでの決勝レース。メルセデス勢が1ストップ戦略を取ったのに対し、レッドブルは1ストップ目で首位に立ったフェルスタッペンを、レース32周目にもう一度ピットに呼び込んだ。フェルスタッペンは、一度取り返した首位を明け渡すことになり、周回数の少ないミディアムタイヤでトップを追い上げた。

 第1スティントを長めに引っ張り、1ストップ戦略を取るチームメイト、セルジオ・ペレスに道を譲ってもらうと、フェルスタッペンは残り10周でメルセデスのバルテリ・ボッタスを抜き去り、2番手に着けた。

 フェルスタッペンは、残り3周でハミルトンのDRS圏内に入ると、翌周のミストラルストレート終わりのターン8でハミルトンのインに飛び込み、オーバーテイクを完了させた。

 一連の動きの中で、フェルスタッペンに対し厳しいディフェンスもできたのでは、とmotorsport.comに尋ねられると、ハミルトンはこう答えた。

「まず、(ストレートエンドの)イン側にはタイヤカスが沢山転がっていて、既に厳しかったタイヤを更に悪化させたくはなかった」

「彼(フェルスタッペン)はDRSが開いていて、あそこで彼が僕を抜かなくても、その後のストレートで抜いていっただろうね。(激しいディフェンスをしても)何の変わりはないし、僕のフロントタイヤは終わっていた。だから、どちらにせよ抜かれていたさ。それ以上厳しくディフェンスするのは無意味だった」

「バルテリに起きたことから分かると思うけど、(フェルスタッペンに抜かれた際にイン側を走った)彼は、結局止まり切れなかった。だからそれ以上、タイヤをダメにしてはならなかった」

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B , Lewis Hamilton, Mercedes W12

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B , Lewis Hamilton, Mercedes W12

Photo by: Drew Gibson / Motorsport Images

 また、ハミルトンは、今シーズンの第4戦スペインGPでメルセデスが行なった通り、フランスGPでも2ストップ戦略に切り替えていたら、「上手くいく可能性もあったかも」と語った。

「でも、僕らにとっては全くもって起こり得なかったことだから、分析を行なってその理由を見つけ出すつもりだ」と彼は続けた。

 フェルスタッペンに2.9秒差をつけられ、2位でフィニッシュしたハミルトンは、パルクフェルメでマシンを降りたあと、フェルスタッペンが2度目のピットストップを行なった際の心境を述べていた。

「彼は既にかなりのリードを築いていたから、僕に残された選択肢はステイアウトだけだった」と彼は語る。

「また、フェルスタッペンは(1度目のピットストップで)僕をアンダーカットしていたので、(例え2度目のピットストップを行なっても)彼は先に行ってしまうし、彼らのストレートスピードは速すぎたので、抜くことができなかっただろうね」

「だから唯一の選択肢は、できるだけ長く走り続けて、タイヤが持つことを祈るだけだった」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
アストンマーチンF1、フランスGPの好走でタイヤ"不正疑惑"は晴れた?「これで黙ってくれればと期待」

前の記事

アストンマーチンF1、フランスGPの好走でタイヤ"不正疑惑"は晴れた?「これで黙ってくれればと期待」

次の記事

連勝目指すフェルスタッペン、ホームレースも油断なし。「楽しみだけど、良い結果が残せるという保証はない」

連勝目指すフェルスタッペン、ホームレースも油断なし。「楽しみだけど、良い結果が残せるという保証はない」
コメントを読み込む