F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
30 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
44 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
58 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
79 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
107 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
114 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
135 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
149 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
163 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
198 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
212 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
219 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
233 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
247 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
254 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
268 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
282 days

まるで“磁石”のよう……ハミルトン、フェルスタッペンのアグレッシブな走りを揶揄

シェア
コメント
まるで“磁石”のよう……ハミルトン、フェルスタッペンのアグレッシブな走りを揶揄
執筆:
2019/10/30 3:01

F1メキシコGPでマックス・フェルスタッペンはメルセデス勢と2度接触し、妥協を強いられた。1周目からフェルスタッペンと接触したルイス・ハミルトンは、“磁石”のようだとフェルスタッペンの走りを揶揄した。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPでメルセデス勢との接触を引き起こしたが、その走りに対してドライバーたちからは批判的な声が上がっている。

Read Also:

 まず1つ目のインシデントは、1周目のターン2で並んでいたルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触したことだ。これによりハミルトンはフロアを損傷し、ペースを欠くこととなった。

 その後、4周目にフェルスタッペンはターン13でバルテリ・ボッタス(メルセデス)のインを突いた。しかしその際マシンの右リヤタイヤがボッタスと接触してしまい、パンクしてしまったのだ。これによりフェルスタッペンのレースは妥協を強いられることとなった。

 こうした接触についてはフェルスタッペンに責任があるとは判断されず、罰則も科されなかった。しかしレース後の会見でハミルトン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ、ボッタスの3人にフェルスタッペンのレースへのアプローチについて問いかけが飛ぶと、彼らは一様に批判的な答えを返した。

「ああ、僕はドライバーたちがそれぞれわずかに(アプローチが)違っていると思う」と、ハミルトンは言う。

「何人かは賢く、また何人かはとても賢いしアグレッシブだ。それからまた何人かは愚かだ」

「そして、これまでのレース経験から(他のドライバーに)いくらかスペースを与えるようにしている。彼らは尊敬できるドライバーだからね」

「だけどマックスには、更に余分なスペースを与えないと、クラッシュなどに発展しまう可能性が高い。だから大体はそうしている」

「だけどターン2では、彼にあげられるスペースはもう無かったんだ。意図的にスペースを与えなかったとかそういったことじゃない」

「単に彼が磁石みたいだったんだよ。幸運なことに僕はマシンを上手くキープする事ができた」

 この件について同様に訊かれたベッテルは「もう(ハミルトンの答え)をコピー・アンド・ペーストで。それが真実だ」と語った。

 またボッタスもハミルトン同様にフェルスタッペンとの接触があった。彼はフェルスタッペンのパンクついて、なかば“自業自得”であるという考えも示唆した。

「僕としては、どこからか彼がターン13のインに現れた……という感じだった。分かるだろうけど(避けるために)そこからパッと消えることなんてできないんだ」

「彼はそこで飛び込んできて、僕らは接触した。それで彼がパンクをしていたけど……僕には彼を避けることは本当にできなかったし、彼は間違いなく自分でパンクさせていったように思える」

 またフェルスタッペンが最もアグレッシブなドライバーかと訊かれると、ボッタスは「でもドライバーは全員明らかに違っていて、何人かはよりアグレッシブだし、何人かはより大人しいんだ」と答えた。

「ドライバー全員と接近戦をしてきた訳ではない。だからドライバー全員のそうした点について詳しく語ることはできないよ」

Read Also:

次の記事
フェルスタッペンが王者になるために……ロス・ブラウン「ミスから学べ」と助言

前の記事

フェルスタッペンが王者になるために……ロス・ブラウン「ミスから学べ」と助言

次の記事

俺たちのFP1を奪うな! グロージャン&マグヌッセン、クビサ加入の噂に拒否反応

俺たちのFP1を奪うな! グロージャン&マグヌッセン、クビサ加入の噂に拒否反応
コメントを読み込む