ハミルトン、シルバーストンの新DRSゾーンは「無意味で危険なだけ」

シェア
コメント
ハミルトン、シルバーストンの新DRSゾーンは「無意味で危険なだけ」
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
協力: Scott Mitchell
翻訳:: 田中健一
2018/07/07 0:42

メルセデスのルイス・ハミルトンは、イギリスGPのターン1でDRSを使うのは”無意味”であり、ドライバーを”不必要な危険”に晒すと主張している。

 今季のF1は、オーバーテイクの増加を促進するため、いくつかのサーキットでDRSゾーンを3カ所に増やした。イギリスGPの舞台であるシルバーストン・サーキットもそれに含まれ、メインストレートがDRSゾーンとして追加された。

 DRSは、リヤウイングのフラップを開いて空気抵抗を減らすための装置。空気抵抗が減るということはマシンの最高速が上がるということにつながり、レースでは特にオーバーテイク促進、予選ではラップタイムの上昇を目指して使用される。一方でこれを開いている間は、リヤウイングで発生するダウンフォースは失われることとなる。

 DRSは、一度開いた後はアクセルを全開にしている間は使用し続けることができる。シルバーストンのターン1のアビーとターン2のファーム・カーブは全開でクリアする高速コーナーであるため、ヴィレッジ・コーナーのブレーキング地点まで、DRSを作動させたまま駆け抜けることができる。

 ただ、アビーを通過するにはDRSを開いた状態ではダウンフォースが足りず、一度手動でDRSを閉じ、コーナーをクリアした後再び作動させるという作業が必要だ。ドライバーたちがこれを試すシーンが、初日のフリー走行を通じて何度も見られた。しかしFP1では、ハースのロマン・グロージャンがターン1でDRSを閉じるタイミングが遅れてスピン状態になり、大クラッシュを引き起こしている。

 このターン1での操作について尋ねられたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、次のように語った。

「難しいことじゃない。でも無意味なことだし、ただ危険なだけだ」

 そうハミルトンは語る。

「僕らは以前、(フリー走行や予選では)どこでもDRSを使うことができたから、使わざるを得なかった。でも、多くのドライバーがスピンすることになったので、彼ら(FIA)は僕らに使うのをやめさせた」

 ハミルトンは、新しいDRSゾーンで事故が起きることを予想していたという。そのため彼は、チームマネージャーのロン・メドウズに、F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングに対して問題を提起するよう伝えたという。

「昨日のブリーフィングの時、僕はこう言ったのを覚えている。『ロン、チャーリーに言うべきだ。誰かがクラッシュするだろうと』ってね。なぜならターン1のスピードは常軌を逸している」

「実際に今日何が起きた? 僕が言ったようなことだと思う」

「DRSを開いたまま、そこを通過する必要はない。僕らは皆、自分自身でマネージメントしている。しかし、予選で誰かがDRSを使ったままターン1に入っていったら、彼らはクラッシュするだろう。だからそれは、不必要な危険だ」

 ハミルトンはこの件について取材にそう語った。しかし金曜日に行われたドライバーズ・ブリーフィングでハミルトンは、この問題を提起しなかったようだ。

次の記事
トロロッソ、フェラーリの”コピー”ミラー投入。パフォーマンス向上へ

前の記事

トロロッソ、フェラーリの”コピー”ミラー投入。パフォーマンス向上へ

次の記事

【動画】F1第10戦イギリスGP フリー走行1回目ハイライト

【動画】F1第10戦イギリスGP フリー走行1回目ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy